Menu
(0)

Search

『グリーンブック』脚本家、アカデミー受賞後第1作はニコラス・ケイジの刑事スリラー ─ マイケル・マン+『ボーダーライン』融合の作風に

ニコラス・ケイジ
Photo by Gerald Geronimo https://www.flickr.com/photos/g155/5977301530

グリーンブック(2018)で第91回アカデミー賞の脚本賞に輝いたニック・バレロンガが、受賞後第1作として、ニコラス・ケイジ主演の刑事スリラー映画『10 Double Zero(原題)』を手がけることがわかった。米Deadlineなどが報じている。

物語の舞台は酷暑のルイジアナ。ニコラス・ケイジ演じる刑事は、相棒とともに、個人的な復讐のため“刑事殺し”の犯人を追っていた。しかし二人は、事件の真相に迫るにつれて、自らが警察組織の内部に渦巻く陰謀のターゲットとなっていることを悟る。二人の捜査は、そのまま彼ら自身に仇となって返ってくるのだった……。米IndieWireによれば、本作はマイケル・マン監督風のオールドスクールなリアルさと『ボーダーライン』(2015)調の最先端のスタイルが融合したハードコアな刑事スリラー」だという。

バレロンガにとって、本作は『グリーンブック』後に撮影が実施される初めての脚本となる。監督・共同脚本は『ザ・ヴィジランテ 世界最強の私設軍隊』(2016)のクリスチャン・セスマ。『ザ・ヴィジランテ~』や『リベンジ・リスト』(2016)を執筆したポール・スローンも脚本に携わっている。なおプロデューサーには、バレロンガのほか、米Wonderfilmのジェフ・ボウラー、ブレット・サクソンらが名を連ねた。

映画『10 Double Zero(原題)』は2019年7月に撮影開始予定

『グリーンブック』ピーター・ファレリー監督の新作情報はこちら

Sources: Deadline, IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly