Menu
(0)

Search

『グリーンブック』脚本家、アカデミー受賞後第1作はニコラス・ケイジの刑事スリラー ─ マイケル・マン+『ボーダーライン』融合の作風に

ニコラス・ケイジ
Photo by Gerald Geronimo https://www.flickr.com/photos/g155/5977301530

グリーンブック(2018)で第91回アカデミー賞の脚本賞に輝いたニック・バレロンガが、受賞後第1作として、ニコラス・ケイジ主演の刑事スリラー映画『10 Double Zero(原題)』を手がけることがわかった。米Deadlineなどが報じている。

物語の舞台は酷暑のルイジアナ。ニコラス・ケイジ演じる刑事は、相棒とともに、個人的な復讐のため“刑事殺し”の犯人を追っていた。しかし二人は、事件の真相に迫るにつれて、自らが警察組織の内部に渦巻く陰謀のターゲットとなっていることを悟る。二人の捜査は、そのまま彼ら自身に仇となって返ってくるのだった……。米IndieWireによれば、本作はマイケル・マン監督風のオールドスクールなリアルさと『ボーダーライン』(2015)調の最先端のスタイルが融合したハードコアな刑事スリラー」だという。

バレロンガにとって、本作は『グリーンブック』後に撮影が実施される初めての脚本となる。監督・共同脚本は『ザ・ヴィジランテ 世界最強の私設軍隊』(2016)のクリスチャン・セスマ。『ザ・ヴィジランテ~』や『リベンジ・リスト』(2016)を執筆したポール・スローンも脚本に携わっている。なおプロデューサーには、バレロンガのほか、米Wonderfilmのジェフ・ボウラー、ブレット・サクソンらが名を連ねた。

映画『10 Double Zero(原題)』は2019年7月に撮影開始予定

『グリーンブック』ピーター・ファレリー監督の新作情報はこちら

Sources: Deadline, IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly