『2001年宇宙の旅』70mmフィルム特別上映、10月東京開催 ― 公開当時の映像と音が復活、今回が最終上映の予定

巨匠スタンリー・キューブリック監督による傑作SF映画『2001年宇宙の旅』(1968)が、製作50周年を記念して、オリジナルネガから新たにプリントされた70mmフィルムにて、2018年10月に東京・国立映画アーカイブにて特別上映される。

2001年宇宙の旅


国立映画アーカイブ(旧 東京国立近代美術館フィルムセンター)では、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が定めた「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念して特別イベントを例年開催している。

2018年は、第71回カンヌ国際映画祭のクラシック部門でプレミア上映され、欧米各地の70mm上映館やフィルムアーカイブで巡回上映されている『2001年宇宙の旅』50周年記念70mmプリントが登場。現在、日本国内で70mm映画を上映できる劇場は国立映画アーカイブのみで、今回が最後の上映となる予定だ。

このたび作成された『2001年宇宙の旅』50周年記念70mmプリントは、『ダークナイト』3部作や『ダンケルク』(2017)などのクリストファー・ノーラン監督とワーナー・ブラザースの監修によって、オリジナル・カメラネガからデジタル処理を介さずに作成されたもの。1968年の公開当時と同じ6チャンネルサウンドで、上映前の前奏曲、休憩時の音楽、終映時の音楽までが再現されるという。

 

今回の上映では、現在の映画や特撮技術、文化などに多大なる影響を与えた『2001年宇宙の旅』という作品を、劇場公開当時と同様の映像と音、上映方法で鑑賞できる。70mmフィルムでの映画上映を体験できることも含めて、日本国内ではまたとない稀少な機会に注目したい。

2001年宇宙の旅

© 2018 Warner Bros. Entertainment Inc.

2001年宇宙の旅

© 2018 Warner Bros. Entertainment Inc.

『2001 年宇宙の旅』 70mm版特別上映 開催情報

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント 製作50周年記念 『2001年宇宙の旅』 70mm版特別上映

【日時】2018 年10月6日(土)~7日(日)、11日(木)~14日(日)

【場所】国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU(2F)

【主催】国立映画アーカイブ、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社

【特別料金】一般 2,500 円/高校・大学生・シニア 2,000 円/小・中学生・障害者(付添者は原則1名まで)1,300 円
*国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ料金は当日券のみあり(1,900 円)
*前売券:9月1日(土)12:00 pm より、チケットぴあにて全上映回の前売券(全席自由席・各200席分)を販売[P コード:558-820]

製作50周年記念『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映 ウェブサイト:http://www.nfaj.go.jp/exhibition/unesco2018/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。