『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のレビューを、当サイト編集長が綴る。今作は、予備知識無しでは少々辛いところがあるが、前評判通りの内容だった。とりわけ、パニックシーンの「被害者目線」描写と、スーパーマンの新たな描き方は斬新だった。

「ダース・ベイダーとルーク(4才)」シリーズは、ジェフリー・ブラウンというカートゥーン作家が描いたヴェイダーと幼いルークのお話。もしもベイダーがルークとレイアの良きパパだったら…というなんとも切ない設定をほのぼのイラストで楽しめます。