Menu
(0)

Search

「24 -TWENTY FOUR-」新作企画、水面下で進行中 ─ 「復活の可能性はある、議論は活発だ」

24 -TWENTY FOUR-
© Fox Network 写真:ゼータイメージ

ジャック・バウアー、もしかして帰ってくる…? 海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の新企画が水面下で進められていることがわかった。米Deadlineにて、米FOXエンターテイメントのマイケル・ソーン社長が語った。

全ての出来事がリアルタイムで進行するサスペンス「24 -TWENTY FOUR-」は、2001年から2014年にかけて全9シーズンが製作された大人気シリーズ。日本でもレンタルビデオが人気を博し、2000年代海外ドラマブームの火付け役ともなった。2017年にはスピンオフ作品「24:レガシー」が製作され、ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の登場しない物語が描かれている。

このたび、ソーン社長は本シリーズの復活について「今でも可能性はある」と示唆。「プロデューサー陣は、我々もまだ知らないアイデアの話し合いを進めていますし、創作の議論は活発に行われているのです」と語った。シリーズの製作総指揮を務めるハワード・ゴードンも、同じくDeadlineの取材にて「常に検討している」と述べたという。

「24 -TWENTY FOUR-」については、2020年1月にジャック・バウアーが再登場する企画が進められているとして、「レジデント 型破りな天才研修医」(2018-)のトッド・ハーサンが就任。ソーン社長とゴードン氏は“ただ作るのではなく、やる価値があるものを”との意志を示しつつ、なんらかの発表を行う意志を示していたが、続報は届けられていなかった。現在の企画が当時と同じものであるかは明らかになっていない。

なお、FOXはかねてより本シリーズの復活を目指しており、2018年にはジャック・バウアーの若き日を描く前日譚シリーズや、おなじみの“リアルタイム展開”を活かした法廷サスペンスの企画が浮上していた。ただし、どちらの企画も実現は断念されている。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly