Menu
(0)

Search

ジェシカ・チャステイン&ペネロペ・クルスら豪華共演スパイ・アクション『355』予告編が公開

355
©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved

ジェシカ・チャステインペネロペ・クルスルピタ・ニョンゴファン・ビンビンダイアン・クルーガーといったオールスターキャストが勢揃し、世界を救う任務に挑む映画『355』が、2022年2月4日に日本公開される。この度、予告編が到着した。

CIA のメイス(ジェシカ・チャステイン)、BND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、MI6のハディージャ(ルピタ・ ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織のグラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。世界中を混乱に陥れる最新テクノロジーをめぐって、世界中の凄腕エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション大作だ。

公開された予告編はCIAのメイスが、「これは非公式の任務だ」「君一人で動くんだ」と何者かに告げられるところから始まる。仲間を集めるメイス。各国のエージェントが集まり、銃を向け合い対立する場面も。MI6のハディージャの「私たちには共通の敵がいる」という台詞から、一致団結しミッションに挑んでいくエージェントたち。「私たちが失敗すれば、第3次世界大戦がはじまる」とあるように、緊迫した状況が続き、「だからこそ、力を合わせるの」と秘密兵器奪還に動く。果たして彼女たちは世界の危機を救うことができるのか?

出演者にはほか、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)などのセバスチャン・スタン、『WASPネットワーク』(2019)などのエドガー・ラミレスが名を連ねている。監督を務めたのは、『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)のサイモン・キンバーグだ。

映画『355』は、2022年2月4日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly