【超初心者向け】5分でわかる『バットマンvsスーパーマン』完全予習!観る前にこれだけは知っておこう

2016年3月25日(金)に封切られた話題の映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』。学生にとっては春休み期間中という事もあり、劇場には多くの観客が詰めかけるだろう。

2大ヒーロー、バットマンとスーパーマンが対決する!なぜ戦わなければならないのか?どっちが強くて、どっちが勝つのか?今作を単なるヒーロー対決モノ映画のノリで観に行くと、たいへん混乱してしまう。さまざまな予備知識や参照が必要となるからだ。
そこで今回は、アメコミにさっぱり疎い方のために、だいたい5分くらいで読めるボリュームで『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の事前知識をご紹介しよう。
映画館に出かける前に、一度お読みいただきたい。

バットマンvsスーパーマン 予備知識

バットマンとスーパーマンの対決ってどういう事?

そもそも、バットマンとスーパーマンが相まみえるという事の凄さをご説明する。
まず、バットマンとスーパーマンはDCコミックスという出版社のキャラクターだ。アイアンマンやキャプテン・アメリカ等のいるアベンジャーズ、スパイダーマン、X-MEN達はマーベルという出版社のキャラクター。DCコミックスマーベル出版社が別なので基本的に共演する事はない。
たとえば悟空とルフィ(共に集英社のジャンプ)が何らかのきっかけで共演する映画はもしかしたらあり得るかもしれないけど、悟空と進撃の巨人(講談社のマガジン)が共演する映画はまずあり得ない。バットマンやスーパーマン達の世界と、アベンジャーズやスパイダーマン達の世界は基本的には全く別と考えて欲しい。(コミックスでは、出版社の垣根を超えた奇跡の共演エピソードも存在する)

バットマンとスーパーマンの歴史はとっても古く、バットマンは1939年、スーパーマンは1938年からコミックに登場している。
ちなみに1939年は第二次世界大戦が始まった年。鉄腕アトムの第一回TV放送が1959年。ドラえもんの初登場は1969年になってのことだ。

二人とも世界で最も有名なヒーローとして知られ、これまで何度も何度もアニメ化や実写映画化がされている。
前回バットマンが実写映画化されたのは2005年の『バットマン ビギンズ』、2008年の『ダークナイト』、2012年の『ダークナイト・ライジング』の三部作で大変評判が高く、特に2作めの『ダークナイト』は第81回アカデミー賞で7部門ノミネート、2部門受賞を果たしている。このダークナイトシリーズは、今回のバットマンvsスーパーマンとは繋がっていない。

スーパーマンについても、その名を知らない人はいないハズ。よく「あの人は何でも出来て、スーパーマンみたいな人だ」と日常会話で使われてしまうほどお馴染みのキャラクターだ。
タイツのようなコスチュームに、赤いマントで空を飛ぶスーパーマンの姿は1938年に登場して以来、その後の「ヒーロー」の姿のテンプレートを築きあげてしまった。

これまで映画では決して共演する事のなかった二人が共演するという事で、アメコミファンならず世間に期待も大変高い。二人が同じスクリーンに収まっているだけで奇跡のような話なのだから。

キャラクター背景

一般的なヒーロー映画は、“主人公があるきっかけでスーパーパワーを手に入れ、ヒーローとしての自我に目覚めていく…”というストーリーがお決まりだが、『バットマンvsスーパーマン』はヒーロー達が覚醒していく様子は描かれない。何故なら、バットマンとスーパーマンのキャラクターは欧米では誰もが知っている共通知識だし、特に今作は2013年のスーパーマン映画『マン・オブ・スティール』の続編にあたるため、とりわけスーパーマンまわりはほぼ一切説明がない。
映画を観て置いていかれないよう、二人のキャラクターについてここで簡単に説明しよう。

バットマン

バットマンの本名はブルース・ウェイン。大企業『ウェイン・エンタープライズ』の筆頭株主で社長、発明家。有り余るほどの資産を持つ彼は、昼は実業家のプレイボーイ、夜は闇の騎士バットマンとして悪を成敗している。

バットマン

http://www.theweek.co.uk/61058/batman-v-superman-dawn-of-justice-first-reviews-pit-fans-against-critics

少年の頃、両親を映画を観に出かけた帰り道に強盗に遭い、目の前で両親を射殺されてしまう。トラウマに駆られたブルースは犯罪撲滅を願い、世界中のあらゆる武術を身に付け訓練する。ある時路上でチンピラをやっつけるが、相手に全く怖がられなかった事をきっかけに、「自分自身が恐怖の象徴」となるためにコウモリのスーツを身にまとうようになる。なぜコウモリかと言うと、小さい頃に洞窟でコウモリの大群に襲われた事がブルースにとって恐怖の原体験だったからだ。

バットモービル

http://www.theverge.com/2014/9/10/6134343/batmobile-revealed-photo-zack-snyder-batman-v-superman

その資産を活かして自宅屋敷の地下に『バットケイブ』という研究所兼武器庫があり、数多くの秘密兵器を揃え、それらを忍者のごとくスーツに仕込んでいる。また、超高性能のバットマン専用カー、その名も『バットモービル』など、とにかくいろいろ持ってる。
スーパーパワーは持たず生身の人間だが、極限まで鍛え上げた肉体と頭脳、いろいろ持ってる武器をいろいろ駆使していろいろな悪と闘う。

alfred

http://wegotthiscovered.com/movies/expect-a-completely-different-alfred-in-batman-v-superman-dawn-of-justice/

アルフレッドという執事がおり、小さいころから面倒を見てもらっている。親もおらず、友人も少ない孤独なブルースにとって、アルフレッドだけが唯一心を許せる存在。

夜になると、ライトで夜雲にコウモリマークを浮かび上がらせる。これは「バットマン参上」や「助けてバットマン」のメッセージの意味合いがあり、『バットシグナル』と呼ばれる。

スーパーマン

本名はカル=エル。スーパーマンの故郷、惑星クリプトンは高度な文明を有していたが、いろいろあって惑星壊滅寸前に。すんでのところで両親が生まれたてのカル=エルを地球という若い惑星に送る。

惑星クリプトンに比べて地球は重力も弱く、大気中の栄養も優れている。この環境の違いがクリプトン人であるスーパーマンに人間離れした力を与えている。

パンチやキックは規格外。空を高速で飛んだり、目からビームを出したり、まぁ普通に最強。ワンパンマン。

clark-kent

地球では『クラーク・ケント』という名前で、新聞記者として働いている。原作では、ダサい黒縁メガネをかけた冴えない男として身を隠しているが、ひとたび事件が起これば電話ボックスに駆け込み、服の下に着込んだスーパーマン・スーツに着替え現場に飛んで現れる…というのがお馴染みだ。

『マン・オブ・スティール』で描かれた事

前述のとおり、今作は『マン・オブ・スティール』というスーパーマンの映画の続編だ。時間があれば前作を鑑賞しておく事を強くオススメしておくが、時間が無いとかTSUTAYAで借りられてて無いよという方のために、ざっくり前作からの引き継ぎ部分を説明する。

まず、今作は『マン・オブ・スティール』のクライマックスシーンから始まる。

『マン・オブ・スティール』では、惑星クリプトン崩壊寸前、スーパーマンの両親は、まだ赤ん坊のスーパーマンの体内に、クリプトン星人のDNA情報を記録して地球に送った。その後惑星は木っ端微塵に爆発してしまうが、反逆罪で星を追放されていたゾッド将軍とその一味はスーパーマンを探して地球に到着。地球を惑星クリプトンの環境に『改造』し、スーパーマンの体内に記録されたDNA情報を使って、地球をクリプトン化しようとしていた。

クライマックスではこれを阻止するスーパーマン&アメリカ軍とゾッド将軍の激闘が繰り広げられる。ゾッドは反重力装置を使い、地球を串刺しにし、街の重力の有効化/無効化を数秒サイクルで繰り返す。大都市の車やビル群が持ち上げられてはたたきつけられ、地獄のような光景が広がる。

なんとかゾッド将軍を倒したスーパーマンは地球の危機を救うが、それにしても街はとんでもない損害を受けていた。

スーパーマンをとりまく人物たち

地球での両親

スーパーマンは地球である夫婦に拾われ、大切に育てられる。桃を拾ったおじいさんとおばあさんみたいなノリだ。宇宙船に乗った状態でスーパーマンを拾った義理の両親はスーパーマンが他の惑星からやってきた事を知っているが、世間には隠している。すごくいい両親。

http://moviepilot.com/posts/3458496

http://moviepilot.com/posts/3458496

特に義父ジョナサンは、「時が来るまでその力を世間に知らせてはいけない」と考えている。ある日家族で車に乗っていると、巨大な竜巻に遭遇。義父の脱出が危ぶまれる中、スーパーマンは自らの力を使って救出に乗り出そうとするが、大勢の前で息子の力を露呈させてはいけないと考える義父は救出を拒否。竜巻の中に消え死んでしまう。

スーパーマンの母マーサ

http://www.cinemablend.com/new/Lex-Luthor-Evil-Scheme-Batman-v-Superman-Apparently-Involves-Key-Side-Character-77917.html

一人残された義母、マーサのみがスーパーマン唯一の身よりで、彼女は遠い田舎町から、いつもスーパーマンを想っている。

恋人 ロイス・レイン

ロイス・レイン

http://screenrant.com/batman-vs-superman-start-date-adams-lois-lane-wonder-woman/

スーパーマンは「世界中の情報が集まり、かつ危険な地に赴いても怪しまれない場所」に身を置くため、ふだんはデイリー・プラネットという新聞社で記者として勤めている。そこの同僚ロイス・レインとは恋人関係で、一途なスーパーマンは彼女の危機には必ず救出に現れる。前作『マン・オブ・スティール』の激闘でも重要な役割を果たした。

ペリー・ホワイト

ペリーホワイト

http://www.magicalquote.com/moviequotes/you-dont-get-to-decide/

デイリー・プラネット社の編集長で、クラーク(スーパーマン)とロイスの上司。仕事への信念は厚く、何事にも筋を通すタイプ。

DCユニバースの世界 ジャスティスリーグ

justice-league

http://blogs.wsj.com/speakeasy/2014/04/27/warner-bros-details-plans-for-justice-league-movie-exclusive/

バットマンとスーパーマンを擁するDCコミックスはこの後、『ジャスティス・リーグ』という映画シリーズを予定している。ひとまずDCコミックス版のアベンジャーズだと思っていただいて構わない。ジャスティス・リーグでは、バットマンやスーパーマンの他に、DCコミックスの人気ヒーローが集合する。今作はそんな一大シリーズの導入作としても製作されているので、他のヒーローも登場する。
予告編にも登場する女性戦士、『ワンダー・ウーマン』もその一人だ。

また劇中に『メタヒューマン』という言葉が登場する。DCコミックスの世界では、スーパーパワーを持つ人間の事をメタヒューマンと呼ぶので覚えておこう。スターウォーズで言う『ジェダイ』みたいな感覚だ。

flash-arrow

http://oakanshield.deviantart.com/

メタヒューマンについては、DCコミックスでは既にTVドラマで描いている。『フラッシュ』『アロー』は人気を博し、今秋から新ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』も日本リリース予定となっている。

 

 

以上が、『バットマンvsスーパーマン』鑑賞前に最低限知っておくべき情報だ。
繰り返しになるが、時間があれば『マン・オブ・スティール』は鑑賞しておくべきだろう。また、『ダークナイト』三部作も余裕があればチェックしておきたい。

『バットマンvsスーパーマン』には、2大ヒーローの共演&対決の他にも様々な要素が登場する。焦点を広く捕らえて鑑賞する事をオススメしたい。

BATMAN v SUPERMAN : DAWN OF JUSTICE

バットマン vs スーパーマン : ジャスティスの誕生

 

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年3月27日 at 3:46 AM

    【超初心者向け】5分でわかる『#バットマンvsスーパーマン 』完全予習!観る前にこれだけは知っておこう https://t.co/qGk2p8ZPuT

    Reply
  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年3月27日 at 3:29 PM

    #バットマンvsスーパーマン を予備知識無しで観に行こうとしているアナタへ。最低限の必要情報をこちらでガイドしています。5分でわかる『バットマンvsスーパーマン』完全予習!観る前にこれだけは知っておこう https://t.co/qGk2p8ZPuT

    Reply
  • ワラビー (@kobo97) 2016年3月27日 at 6:43 PM

    【超初心者向け】5分でわかる『バットマンvsスーパーマン』完全予習!観る前にこれだけは知っておこう https://t.co/qsdduzvtmH

    Reply
  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年3月28日 at 8:18 PM

    【超初心者向け】5分でわかる『#バットマンvsスーパーマン 』完全予習!観る前にこれだけは知っておこう
    https://t.co/qGk2p8ZPuT

    Reply