Menu
(0)

Search

DCシリーズなど人気海外ドラマ6作品、米放送後最短1週間で国内配信へ ─ 「スーパーナチュラル」や「フラッシュ」など

ワーナー・ブラザーズ テレビジョン&ホームエンターテイメントが、人気の海外ドラマ6シリーズを、米国放送後最短1週間でデジタル配信させる方針を発表した。

つまり、日本ソフト化やストリーミング・サービス入りを待たずして、話題のエピソードを米国とほぼリアルタイムで視聴することができる。対象となるのは、「SUPERNATURAL XIV <フォーティーン・シーズン>」「ザ・ラストシップ <ファイナル・シーズン>」。そして人気のDCドラマ「THE FLASH / フラ ッシュ <フィフス・シーズン>」「SUPERGIRL / スーパーガール <フォース・シーズン>」「ARROW / アロー <セブンス・シーズン>」「レジェンド・オブ・トゥモロー <フォース・シーズン>」の合計6作品だ。

特にDCドラマの場合は、各作品が番組の垣根を超えて共演するクロスオーバー・イベントが魅力のひとつだが、国内のDVDリリースは本国放送からおよそ8ヶ月待つ必要があった。同シリーズからは第3弾として、ルビー・ローズ演じるバットウーマンが初登場する「エルスワールド(邦題未定、原題:Elseworlds)」が2018年12月9日~11日に米国で放送予定。この必見エピソードも、これまでよりもずっと早く観られることになる。

なお、2005年の放送から人気を保ち続ける長寿シリーズ「SUPERNATURAL」のフォーティーン・シーズンや、『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ製作総指揮のパンデミック・アクション「ザ・ラストシップ」最終章は、早くも2018年10月18日(木)より配信がスタートしている。

配信プラットフォームは、Amazonプライム・ビデオ、DMM.com、Google Play、ひかりTV、music.jp、PlayStation Video、Rakuten TV、TSUTAYA TV、ビデオマーケット。日本と海外のポップカルチャーを隔てていた”時差”の壁が取り払われていく。

ところで、こちらは到着した「レジェンド・オブ・トゥモロー」のキーアート。どういうことなの…。

デジタルセル先行配信情報

2018 年 10 月 18 日(木)デジタルセル先行配信開始
「SUPERNATURAL XIV <フォーティーン・シーズン>」 「ザ・ラストシップ <ファイナル・シーズン>」

2018 年 11 月 14 日(水)デジタルセル先行配信開始
「SUPERGIRL / スーパーガール <フォース・シーズン>」 「THE FLASH / フラッシュ <フィフス・シーズン>」
「ARROW / アロー <セブンス・シーズン>」 「レジェンド・オブ・トゥモロー <フォース・シーズン>」

※配信サービスにより配信タイトル、配信開始日が異なります。詳しくは直接配信サービスにお問い合わせください。
※配信は字幕版のみとなります。

©2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. TM & ©2018 Turner Network Television, Inc. A Time Warner Company. All rights reserved.
©2018 Warner Bros. Entertainment Inc. FLASHTM and SUPERGIRLTM ARROWTM and DC’S LEGENDS OF TOMORROWTM and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly