Menu
(0)

Search

第61回(2019年)グラミー賞、全受賞作品一覧 ─ YouTubeで受賞楽曲をまるごと聴こう

2019年2月11日(米国時間)、第61回グラミー賞の授賞式が開催された。

最優秀レコード賞に輝いたのは、俳優ドナルド・グローバーによるプロジェクト「チャイルディッシュ・ガンビーノ」による楽曲で、発表されるや世界的に大きな話題を呼んだ「This Is America」。この楽曲はミュージック・ビデオも高く評価され、日本人監督ヒロ・ムライが賞に輝いたことはすでに国内メディアでも広く報じられている通りである。

そのほか『ブラックパンサー』(2018)や『グレイテスト・ショーマン』(2017)、『アリー/ スター誕生』(2018)、そして『ブラック・クランズマン』(2019年3月22日公開)など人気映画の楽曲やサウンドトラックもめでたく賞を獲得。映画作品とは関係ないものの、最優秀インストゥルメンタル/ヴォーカル編曲には「スパイダーマンのテーマ」のアレンジも選ばれている。

アルバムの受賞作品はぜひともまるごと聴いていただきたいのであえて割愛したが、本記事には受賞楽曲のYouTubeリンクをすべてご用意した。今年のグラミー賞を彩った作品の数々を、SpotifyやApple Musicなど各種配信サービスなども併用しながら、ぜひまるごとお楽しみいただきたい。

第61回(2019年)グラミー賞、全受賞作品一覧

主要4部門

年間最優秀レコード

チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」

年間最優秀アルバム

ケイシー・マスグレイヴス「Golden Hour」

年間最優秀楽曲

チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」

最優秀新人賞

デュア・リパ

ポップ部門

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス

レディー・ガガ「Joanne (Where Do You Think You’re Goin’?)」

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス

レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー「Shallow」

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

アリアナ・グランデ「Sweetener」

 

最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム

ウィリー・ネルソン「My Way」

 

ロック部門

最優秀ロック・パフォーマンス

クリス・コーネル「When Bad Does Good」

最優秀メタル・パフォーマンス

ハイ・オン・ファイア「Electric Messiah」

最優秀ロック・ソング

セイント・ヴィンセント「MASSEDUCTION」

最優秀ロック・アルバム

グレタ・ヴァン・フリート「From The Fires」

 

ヒップホップ部門

最優秀ラップ・パフォーマンス

ケンドリック・ラマー、ジェイ・ロック、フューチャー、ジェームズ・ブレイク「Kings’s Dead」

アンダーソン・パーク「Bubblin」

最優秀ラップ/歌唱・パフォーマンス

チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」

最優秀ラップ・ソング

ドレイク「God’s Plan」

最優秀ラップ・アルバム

カーディ・B「Invasion Of Privacy」

 

ダンス/エレクトロニック部門

最優秀ダンス・レコーディング

シルク・シティ&デュア・リパ(ft. ディプロ&マーク・ロンソン)「Electricity」

Silk City & Dua Lipa Featuring Diplo & Mark Ronson

最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

ジャスティス「Woman Worldwide」

 

R&B部門

最優秀R&Bパフォーマンス

H.E.R. featuring ダニエル・シーザー「Best Part」

最優秀トラディショナル・R&Bパフォーマンス

リオン・ブリッジス「Bet Ain’t Worth The Hand」

PJモートン ft. イェバ「How Deep Is Your Love」

最優秀R&Bソング

エラ・メイ「Boo’d Up」

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム

ザ・カーターズ「Everything Is Love」

 

最優秀R&Bアルバム

H.E.R.「H.E.R.」

 

カントリー部門

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス

ケイシー・マスグレイヴス「Butterflies」

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス

ダン+シェイ「Tequila」

最優秀カントリー・ソング

ケイシー・マスグレイヴス「Space Cowboy」

最優秀カントリー・アルバム

ケイシー・マスグレイヴス「Golden Hour」

 

ジャズ部門

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ

ジョン・ダヴァーサ・ビッグ・バンド ft. DACA アーティスツ「Don’t Fence Me In」

最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム

セシル・マクロリン・サルヴァント「The Window」

 

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム

ウェイン・ショーター「EMANON」

 

最優秀ジャズ・アンサンブル・アルバム

ジョン・ダヴァーサ・ビッグ・バンド ft. DACA Artists「AMERICAN DREAMERS: VOICES OF HOPE,MUSIC OF FREEDOM」

 

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ダフニス・プリート・ビッグ・バンド「Back To The Sunset」

 

ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック部門

最優秀ゴスペル・パフォーマンス/ソング

トリ・ケリー ft. カーク・フランクリン「NEVER ALONE」

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス/ソング

ローレン・デイグル「You Say」

最優秀ゴスペル・アルバム

トリ・ケリー「Hiding Place」

 

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム

ローレン・デイグル「Look Up Child」

 

最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム

ジェイソン・クラブ「Unexpected」

 

ラテン部門

最優秀ラテン・ポップ・アルバム

クラウディア・ブラント「Sincera」

 

最優秀ラテン・ロック/アーバン/オルタナティブ・アルバム

ゾーイ「Aztlan」

 

最優秀リージョナル・メキシカン・ミュージック・アルバム

ルイス・ミゲル「¡MÉXICO POR SIEMPRE!」

 

最優秀トロピカル・ラテン・アルバム

スパニッシュ・ハーレム・オーケストラ「Anniversary」

 

アメリカン・ルーツ・ミュージック部門

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス

ブランディ・カーライル「The Joke」

最優秀アメリカン・ルーツ・ソング

ブランディ・カーライル「The Joke」

 

最優秀アメリカーナ・アルバム

ブランディ・カーライル「By The Way, I Forgive You」

 

最優秀ブルーグラス・アルバム

トラヴェリン・マッコーリーズ「The Travelin’ Mccourys」

 

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム

バディ・ガイ「The Blues Is Alive And Well」

 

最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

ファンタスティック・ネグリート「Please Don’t Be Dead」

 

最優秀フォーク・アルバム

パンチ・ブラザーズ「All Ashore」

 

最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム

カラニ・ペア「No ‘Ane’i」

 

映像音楽部門

最優秀コンピレーション・サウンドトラック・アルバム

『グレイテスト・ショーマン』(2017)

グレイテスト・ショーマン
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム

ルドウィグ・ゴランソン『ブラックパンサー』(2018)

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

最優秀映像作品楽曲

レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー「Shallow」

 

作曲/編曲部門

最優秀インストゥルメンタル作曲

テレンス・ブランチャード「Blut Und Boden (Blood and Soil)」from『ブラック・クランズマン』

最優秀インストゥルメンタル/アカペラ編曲

ジョン・ダヴァーサ・ビッグ・バンド ft. DACA アーティスツ「STARS AND STRIPES FOREVER」

最優秀インストゥルメンツ/ヴォーカル編曲

ランディー・ウォルドマン ft. テイク6&クリス・ポッター「Spiderman Theme」

ミュージックビデオ/音楽映画部門

最優秀ミュージック・ビデオ

チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」

最優秀音楽映画

『クインシーのすべて』

その他アルバム部門

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム

スティーヴ・ギャッド・バンド「Steve Gadd Band」

 

最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム

ベック「Colors」

 

最優秀ニューエイジ・アルバム

オピウム・ムーン「Opium Moon」

 

最優秀レゲエ・アルバム

スティング&シャギー「44/876」

 

最優秀ワールド・ミュージック・アルバム

ソウェト・ゴスペル・クワイア「Freedom」

 

最優秀チルドレン・アルバム

ルーシー・カランタリ&ザ・ジャズ・キャッツ「All The Sounds」

 

最優秀スポークン・ワード・アルバム

ジミー・カーター「Faith – A Journey For All」

 

最優秀コメディー・アルバム

デイヴ・チャペル「Equanimity & The Bird Revelation」

 

最優秀劇場ミュージカル・シアター・アルバム

『The Band’s Visit(原題)』

 

パッケージ部門ほか

最優秀アルバム・パッケージ

セイント・ヴィンセント「MASSEDUCTION」

 

最優秀ボックス/スペシャル限定盤パッケージ

“ウィアード・アル”・ヤンコビック「SQUEEZE BOX: THE COMPLETE WORKS OF “WEIRD AL” YANKOVIC」

 

最優秀アルバム解説

「VOICES OF MISSISSIPPI: ARTISTS AND MUSICIANS DOCUMENTED BY WILLIAM FERRIS」

 

最優秀ヒストリカル・アルバム

「VOICES OF MISSISSIPPI: ARTISTS AND MUSICIANS DOCUMENTED BY WILLIAM FERRIS」

 

最優秀イマーシヴ・オーディオ・アルバム

アラン・パーソンズ・プロジェクト「Eye In The Sky – 35th Anniversary Edition」

 

製作部門(ノン・クラシカル)

最優秀アルバム技術

ベック「Colors」

 

年間最優秀プロデューサー賞

ファレル・ウィリアムス

 

最優秀リミックス・レコーディング

ハイム「WALKING AWAY (MURA MASA REMIX)」

クラシック部門

最優秀オーケストラ・パフォーマンス

ボストン交響楽団「ショスタコーヴィチ:交響曲 第4番 & 第11番『1905年』」

 

最優秀オペラ・レコーディング

サンタ・フェ・オペラ・オーケストラ「Bates: The (R)evolution of Steve Jobs」

 

最優秀クラシック合唱

ドナルド・ナリー&ザ・クロッシング「Mcloskey: Zealot Canticles」

 

最優秀室内楽/小編成アンサンブル・パフォーマンス

ローリー・アンダーソン&クロノス・カルテット「Anderson, Laurie: Landfall」

 

最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ

シアトル交響楽団「Kernis: Violin Concerto」

 

最優秀クラシック・ソロ・ヴォーカル・アルバム

アポロズ・ファイア、アンサンブルズ「Songs Of Orpheus – Monteverydi, Caccini, D’india & Landi」

 

最優秀クラシック・コンペンディアム

ジョアン・ファレッタ(指揮)、ティム・ハンドリー(製作)「Fuchs: Piano Concerto ‘Spiritualist’; Poems Of Life; Glacier; Rush」

 

最優秀コンテンポラリー・クラシック作曲

ジェームズ・アーンズ、ルドヴィク・モーロット&シアトル交響楽団「Kernis: Violin Concerto」

 

製作部門(クラシック)

最優秀アルバム技術

アンドリュー・ネルソンズ&ボストン交響楽団「ショスタコーヴィチ:交響曲 第4番 & 第11番『1905年』」

 

年間最優秀プロデューサー

ブラントン・アルスポー


第61回(2019年)グラミー賞授賞式は2019年2月10日(米国時間)に開催された。

『2019 GRAMMY® ノミニーズ』デジタル・輸入盤:2019年1月25日発売
国内盤:2019年1月30日発売 ¥2,700(税込)
https://VA.lnk.to/mufJM

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Tags

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly