Menu
(0)

Search

『きみに読む物語』スピンオフ映画のアイデアが語られる ─ アリーと婚約したロン、「元気にやっていると思う」

きみに読む物語
© New Line Cinema 写真:ゼータイメージ

2004年に公開された恋愛映画『きみに読む物語』は、日本でも根強いファンを持つ作品だ。特別な思い出があるという方も多いのでは。

『きみに読む物語』は、後に『ラ・ラ・ランド』(2016)で大ブレイクも果たすライアン・ゴズリングと、『アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2013)『ドクター・ストレンジ』(2017)でも人気を博したレイチェル・マクアダムス共演の運命的なロマンスを描いた一作。

若かったあの頃。ほろ苦い現実。燃え上がるような、そして胸が締め付けられるような切ない純愛物語は、今でも“泣ける恋愛映画”の代表作として映画ファンに愛されている。

もしも『きみに読む物語』に続編があったら?そんなアイデアを語るのが、ロン・ハモンド役として出演したジェームズ・マースデンだ。「『きみに読む物語』は続編をやるべき」と米ScreenRantに話している。

マースデンが演じたロンは、主人公のノアとアリーが戦争に引き裂かれてしまった後、アリーと婚約する裕福な男。映画では、アリーはロンと別れてノアと結ばれることになるわけだが、その後ロンはどうなってしまったのだろう?

彼は元気にやっていると思います」と、マースデンは話す。「彼は頭の回転がいいんだろうな。どうでしょう。ロンのスピンオフなんて」。

『きみに読む物語』は美しい結末を迎えた作品だ。続編や新作をファンが求めるかはわからないが、アリーが去った後のロンがどのような様子であったのかは、少々気になるところ。とはいえ、ノアとアリーの愛の奇跡を前にすると、どんな物語も霞んでしまう気がするが……。

Source:ScreenRant

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly