Menu
(0)

Search

正しきB級娯楽大作『キング・オブ・エジプト』の魅力とは?

アレックス・プロヤス監督が帰ってきたぞ!

といっても誰それ?という人の方が多いだろう。何せ、これが7年ぶりの監督作。

個性派俳共演のダークシティ』、ブルース・リーの息子ブランドン・リーの遺作となったカルトアメコミ映画クロウ』で評判を呼び、先日来日したばかりのウィル・スミスのスター映画であり、SF作家アイザック・アシモフの原作を映画化したアイ、ロボット』で大ヒットを飛ばした監督である。
しかし、ニコラス・ケイジ主演のノウィング』という正直トンデモな映画を発表したところで、すっかりご無沙汰な人になってしまった。

さて、本作。邦題だとちょっとぼやかされてますが、原題は”Gods of Egypt”。

つまり人間の姿をしながら、いざとなる変身する神様がいっぱい登場します。
この神様同士のスケールの大きすぎる闘いに巻き込まれるのが、新鋭ブレントン・スウェイツとコートニー・イートンの人間カップル。
人間と神が登場し、甲虫がウジャウジャし、金ピカに変身し、怪獣は現れ宮殿ではどう考えても古代エジプト人に建てられない作りで、男は様々なタイプのイケメンマッチョで、女性の衣装はことごとくセクシー。という、今時何でここまで徹したといいたくなるほどのB級娯楽大作。

悪役がジェラルド・バトラー、脇にジェフリー・ラッシュ、『シビル・ウォー』でMCU入りしたブラックパンサー=チャドウィック・ボーズマンと周りには見た顔も。
どっかで見たような描写の映画と言ってしまえばそれまでのさびしいことになるが、ここまでストレートに“サービス特盛しました”という映画はやはりスクリーンで見てこそ。
何より、SF映画で絶妙なバランス感覚を見せてくれていたアレックス・プロ安監督の期間を喜ぼう!

 

Writer

OsoneRampo≒村松健太郎
OsoneRampo≒村松健太郎村松 健太郎

≒村松健太郎。脳梗塞との付き合いも10年目。 映画祭の審査員、映画学校を手伝い。シネマズBY松竹にて執筆も。 映画を広げるのに便利な舞台とか本とかも・・・・。黒手袋て杖をついていれば私です、

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly