【デカすぎ】アブダビに出現した超巨大スターキラー基地モニュメントのインパクトがすごい

設置作業にはスターキラー基地職員のマットも参加したかな?

スターウォーズ / フォースの覚醒で、レイの故郷である砂漠の惑星ジャク―のロケ地になっていたアブダビでは、フォースの覚醒の成功を祝して巨大なスターキラー基地のモニュメントを設置しました。

劇中でも、デススターとくらべて巨大すぎるサイズにレジスタンスのメンバーが度肝を抜かしていましたが、現実世界に登場したこちらのスターキラー基地も超巨大。

コイン型のモニュメントはなんと全長100メートル、面積にして17,000平方メートル。軽い高層ビルくらいの全長を誇るこのモニュメント、こちらの動画を見たらアブダビがどれくらい本気かおわかりになると思います。今日が共和国最期の日だ!

表面のプリントステッカーの貼り付けに420時間を要し、そのステッカーの印刷は、まるまる9日ノンストップで出力したという事です。

スターウォーズファンにとって新たな撮影スポットとなりそうなこのスターキラー基地。アブダビにお出かけの際は是非チェックしてみてください。
レジスタンスに破壊されないといいね!

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。