Menu
(0)

Search

リドリー・スコット、『エイリアン』ドラマ版は「一作目には及ばないだろう」─『プロメテウス』『コヴェナント』を振り返る「消耗するもの」

(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

SF映画の金字塔として不動の地位に立つ『エイリアン』(1979)。「FARGO/ファーゴ」(2014-)「レギオン」(2017-2019)のノア・ホーリーによるドラマ企画が進行中だが、『エイリアン』シリーズの生みの親、リドリー・スコット監督はどんな思いを抱いているのだろうか?

リドリー・スコット監督といえば、『プロメテウス』(2012)『エイリアン:コヴェナント』(2017)というプリクエルシリーズを発表していたが、いずれも興行的不振によって続編の製作は見送られることになった。The Independentのインタビューにてスコットは、『プロメテウス』では「エイリアンを登場させなかった」と説明した上で、スタジオ側からはそれが原因で興行面が思うように振るわなかったと指摘されてしまったのだという。

『エイリアン:コヴェナント』ではエイリアンを復活させたが、それでも『プロメテウス』より低い興行収入となってしまった。プリクエルシリーズ一作目の全世界興行収入は4億300万ドルで、二作目が2億4,000万ドルだ。この結果からスコットは、「素晴らしい獣を手に入れたとき、それは消耗するもので、実際には一度考えなおさなければならない」と正直な思いを打ち明けた。時代と共に観客が求める題材などには変化が訪れるということだろう。そんな複雑な思いを抱いているスコットは、ドラマ版がどこへ向かおうが、何をしようが、「一作目には及びませんよ」と微笑みながら持論を述べている。

『エイリアン』ドラマ版は、2023年の米放送に向けて進められており、リプリーの物語ではなく、「汚れ仕事をさせるために派遣する人間」と「派遣される側の人間」を通して、「不平等」を捉えていく内容になるとのことだ。リドリー・スコットが製作総指揮として交渉中とも伝えられていたが、果たして参加しているのか。引き続き本企画に注目しよう。

Source: The Independent

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly