Menu
(0)

Search

リドリー・スコット、『エイリアン』ドラマ版は「一作目には及ばないだろう」─『プロメテウス』『コヴェナント』を振り返る「消耗するもの」

(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

SF映画の金字塔として不動の地位に立つ『エイリアン』(1979)。「FARGO/ファーゴ」(2014-)「レギオン」(2017-2019)のノア・ホーリーによるドラマ企画が進行中だが、『エイリアン』シリーズの生みの親、リドリー・スコット監督はどんな思いを抱いているのだろうか?

リドリー・スコット監督といえば、『プロメテウス』(2012)『エイリアン:コヴェナント』(2017)というプリクエルシリーズを発表していたが、いずれも興行的不振によって続編の製作は見送られることになった。The Independentのインタビューにてスコットは、『プロメテウス』では「エイリアンを登場させなかった」と説明した上で、スタジオ側からはそれが原因で興行面が思うように振るわなかったと指摘されてしまったのだという。

『エイリアン:コヴェナント』ではエイリアンを復活させたが、それでも『プロメテウス』より低い興行収入となってしまった。プリクエルシリーズ一作目の全世界興行収入は4億300万ドルで、二作目が2億4,000万ドルだ。この結果からスコットは、「素晴らしい獣を手に入れたとき、それは消耗するもので、実際には一度考えなおさなければならない」と正直な思いを打ち明けた。時代と共に観客が求める題材などには変化が訪れるということだろう。そんな複雑な思いを抱いているスコットは、ドラマ版がどこへ向かおうが、何をしようが、「一作目には及びませんよ」と微笑みながら持論を述べている。

『エイリアン』ドラマ版は、2023年の米放送に向けて進められており、リプリーの物語ではなく、「汚れ仕事をさせるために派遣する人間」と「派遣される側の人間」を通して、「不平等」を捉えていく内容になるとのことだ。リドリー・スコットが製作総指揮として交渉中とも伝えられていたが、果たして参加しているのか。引き続き本企画に注目しよう。

Source: The Independent

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly