Menu
(0)

Search

『アナベル』第3作に『死霊館』ウォーレン夫妻の登場が決定 ― 俳優も続投、ユニバース化進む

アナベル 死霊館の人形
©Warner Bros. Entertainment Inc.

人気ホラー映画『死霊館』のスピンオフ・シリーズ『アナベル』の第3作(タイトル未定)に、『死霊館』(2013)および『死霊館 エンフィールド事件』(2016)の主人公であるロレイン&エド・ウォーレン夫妻が登場することがわかった。拡大を続ける『死霊館』シリーズが、いよいよ“シネマティック・ユニバース”としての側面を強めていくことになりそうだ。

Deadlineによると、『アナベル』第3作には、『マイレージ、マイライフ』(2009)や『トレイン・ミッション』(2018)で知られるロレイン役のヴェラ・ファーミガ、『ウォッチメン』(2009)や『アクアマン』(2019年2月8日公開)のエド役パトリック・ウィルソンが続投するとのこと。ただし『アナベル』シリーズとあって、本作では脇役としての登場になるという。

死霊館
『死霊館』ブルーレイ&DVD発売中 ©Warner Bros. Entertainment Inc.

『アナベル』シリーズは、『死霊館』の前日譚である『アナベル 死霊館の人形』(2014)、さらにその前日譚となる『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)の2作品がこれまで製作されてきた。第3作ではウォーレン夫妻の娘ジュディと、その従姉であるティーンエイジャーのシッター、さらにその友人の3名が呪われた人形アナベルの恐怖に対峙する。

『死霊館』『死霊館 エンフィールド事件』でジュディを演じたスターリング・ジェリンズに代わって10歳のジュディを演じるのは、『gifted/ギフテッド』(2017)や『キャプテン・マーベル』(2019)、ドラマ「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」(2018)などの人気子役マッケナ・グレイス。役柄は不明だが、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)で現実世界のベサニー役を演じたマディソン・アイスマンも出演する。

映画『アナベル』第3作(タイトル未定)は2019年7月3日に米国公開予定
『死霊館のシスター』(2018)や『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)を執筆したゲイリー・ダウバーマンが脚本・監督を兼任し、『死霊館』シリーズの生みの親であるジェームズ・ワンがプロデューサーを務める。

Source: Deadline
Eyecatch Image: 『アナベル 死霊館の人形』ブルーレイ&DVD発売中 ©Warner Bros. Entertainment Inc.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly