Menu
(0)

Search

DC映画『アクアマン』最強ヒロイン、メラ役のアンバー・ハードが緊急来日決定

アクアマン
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
TM & © DC Comics

DCコミックス原作映画にして『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)の俊英ジェームズ・ワン監督の最新作、世界中の話題をさらっている映画『アクアマン』が、2019年2月8日(金)に日本公開となる。2018年12月21日に全米公開された本作は、全世界興行収入9億4,000万ドルに到達し、いよいよ10億ドル突破に王手をかけた。

このたび待望の日本公開にあわせて、本作のヒロインにして最強の美女・メラを演じたアンバー・ハードの来日が緊急決定。2月4日(月)にプロモーションのためキャンペーンを行う予定となっている。アンバーが出演作品のプロモーションで来日するのは今回が初めてだ。


アンバー演じるメラは、主人公アクアマン(ジェイソン・モモア)と共に、海底帝国アトランティスの地上征服を食い止めようと奮闘するヒロイン。美しいだけでなく、水を自在に操る力と持ち前の気の強さで、窮地に立たされたアクアマンのピンチを幾度も救う大活躍をみせる、最強の美女ヒロインだ。真面目で気の強いメラと、ぶっきらぼうで大胆なアクアマンのユーモラスなコンビネーションも本作の見どころの一つとなっている。

メラというキャラクターについて、アンバーは「ジェームズ監督をはじめ、脚本家やプロデューサーの方も、メラをかよわいプリンセスにはしなかった。そこがこの作品の素晴らしいところなんです」とコメント。主人公に助けを求める昔ながらのヒロインではないキャラクターに惹きつけられたことを明かしている。「メラはアクアマンの胸ぐらをつかんで、居心地のいい地上の世界から引き離すんですよ」。

アクアマン
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

本作を手がけたジェームズ・ワン監督は、アンバーとの初対面を「とてもチャーミングで存在感があることに驚きました」と振り返っている。「メラは女の子たちの憧れになるんじゃないかな。彼女も(アンバーと同じく)強くて賢い女性ですからね」というコメントからは、メラというキャラクターにアンバーが確かな魅力を与えたことがうかがえる。

アクアマンに勝るとも劣らないパワーを持ち、本作を語る上で絶対に欠かすことのできない重要なキャラクターであるメラを演じたアンバー・ハードは、日本の地でいったい何を語ってくれるのか。いよいよ約1ヶ月後に迫った来日、そして『アクアマン』公開を楽しみに待ちたい。

映画『アクアマン』は2019年2月8日(金)全国ロードショー(3D/4D/IMAX® 同時公開)。

『アクアマン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly