映画『ジャスティス・リーグ』参戦!アクアマンの原作設定を知るための入門記事

2016年にバットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』が公開され、2017年には『ジャスティスリーグ』の公開が予定され、フッテージトレーラーも公開されました。前作でスーパーマンとの激突によってダークサイドからヒーローに舞い戻ったブルース・ウェインことバットマン。彼がワンダーウーマンとともに『ジャスティスリーグ』にてチーム作りに取り組むとされています。登場するヒーローはバットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、スーパーマン(?)です。

バットマンは名作映画も名作コミックスの翻訳もあるので今更説明する必要はありませんし、フラッシュはアメコミ実写化ではトップクラスに食い込む極上の仕上がりを魅せているドラマ『ザ・フラッシュ』があります。ワンダーウーマンはコミックスですと年若い世間知らずの女ヒーローという設定ですが、DCEUですと100年間も人間界で生きてきたのでかなり違ったキャラクター像になるでしょう。サイボーグは翻訳コミック『ジャスティスリーグ:誕生』を読めばそれだけでオリジンの把握ができます。

日本にいてもキャラの予習はさほど問題がないように思われますが、一人だけ日本には馴染みが薄いだろうヒーローがいます。その名はアクアマン。本名アーサー・カリーです。コミックでは高貴な顔立ちをした物静かな金髪の美丈夫といった出で立ちが現在のスタンダードです。
しかしDCEUのアクアマンは90年代のワイルドアクアマンを継承し、ブロンドの白人から『ゲーム・オブ・スローンズ』のドロゴ役で知られる黒髪褐色肌のジェイソン・モモアになっています。

アクアマン

キャラクターが全然違うように思われますがフッテージトレーラーを観る限りですと通じる要素が散見されるように見えました。物静かな王様がブルース・ウェインにああも怒るだろうかと思われかねませんが、バットマンの家族のロビンも度々それ以上に怒っていますし、バットマンはしょっちゅうヒーローを怒らせているので気にする必要はないでしょう。

アクアマン

そこで今回はアクアマンのオリジンを彼の周辺のキャラクターを交えて大好評を博している2011年からユニバース設定を一新して始まったNew 52のキャラクター設定に準じて紹介します。

海と陸の狭間に揺れ動くアトランティスの王、アクアマンの出生

コミックのアクアマン

http://comicvine.gamespot.com/aquaman/4005-2357/forums/appreciating-the-n52-aquaman-666276/

灯台守の地上人トム・カリーと想像上の存在とされていたアトランティスの女王アトラナの間に生まれた地上人とアトランティス人のハーフがアクアマン、本名アーサー・カリーです。幼少の頃に母はやむを得ない事情で海底国家に帰ってしまい、父と二人で暮らしていたアーサーは何処にでもいる普通の少年として生きてきました。

ですが子供ながらも魚にテレパシーを送って操る能力に目覚めており、圧倒的な水中での機動力と人ならざる腕力に目覚めています。クジラのような知能の高い海棲生物ならば思考を受け取ることもでき、未熟だった時は海に打ち上げられて瀕死のクジラに遊び半分でナイフで傷を付けた上級生を天高く殴り飛ばしたこともあります。

最愛の父の死から始まるブラックマンタとの因縁

そんな彼とその父親に接触したのがアトランティスを探し求めていたシン博士。博士の協力もあってメキメキと能力を伸ばしました。理解のある父に育てられ、順調にヒーローか灯台守か漁師への道をアーサーが歩き出すと思われていた、そんなある日、トレジャーハンターであり、残忍な犯罪者のブラックマンタがアーサーの話を聞きつけます。

アーサーの血を奪い、アトランティスの存在を確認しに灯台に乗り込んだブラックマンタと格闘したトムは辛うじて追い払うも心臓発作を起こして倒れます。
父の病院に運ばれたトム・カリーは程なく死亡し、父を殺したブラックマンタに復讐の炎を燃やしたアーサーはブラックマンタの居場所を突き止め、夜闇に乗じて殺害します。
ですが、殺したはずのブラックマンタの背後から本当のブラックマンタが現れ、アーサーが殺した男を父と呼んで、狼狽えます。何十人もの命を金や利益のために奪い続けた殺人鬼ブラックマンタとは親子で活動していたチームだったのです。

凶悪犯ブラックマンタがアーサーの父を殺し、アーサーがブラックマンタを殺した。おまけに実はアーサーの父、トム・カリーの心臓発作はブラックマンタとは一切関係なく、病によるものでした。それを知っても怒りと無念をブラックマンタにぶつけようとするも、誤ってブラックマンタの父を殺害したアーサー。愛する父を殺したアーサーを憎悪するブラックマンタと海と陸のハーフ、アクアマンは互いに互いの父の仇として殺しあう復讐の輪廻に囚われるようになったのです。

人間に裏切られ、アトランティスを探して王に就任

父を喪い、宿敵との因縁も生まれたアーサーに更なる悲劇が襲います。

父の次に信頼していたシン博士が学会の復権を目当てにアーサーの正体をマスコミに公表したのです。博士本人はバラすと言っても決してアーサーに迷惑がかからないようにしていたのですが、アーサーの居場所を突き止めたマスコミが押し寄せ、信頼していた人にまで裏切られたと感じたアーサーは母の故郷、アトランティスを探します。
世界中の海を探したアーサーはある漁村で静かに暮らしていた現変人で元アトランティスの重臣のヴォルコと出会い、アトランティスへ案内されます。ようやく見つけたアトランティスでアーサーは王位に就き、異父兄弟のオームと出会い、親しくなって最終的にはアクアマンというヒーローになりました。

その後、アクアマンの命を狙いに来たメラという女性と運命の出会いを果たしたり、地上人の血が流れた地上育ちなアクアマンを排斥しようと言う運動が起きて王位を捨てたりします。ですが現在のアクアマンの基本コンセプトは「地上と海の血を受け継いだどちらでもないヒーロー」です。そんな彼がどのように幸せを見つけたのかはコミックスの翻訳を読んで是非とも直接確かめてください。DCEUでブルースに「魚と話せるんだって?」と聞かれ激昂したらしきアーサーもN52のアクアマンと同じものが感じられます。
もちろんフッテージトレーラーですので編集によってそう見えただけかもしれませんし、何より交渉するのが気難しくて高圧的な口ベタ頑固者のブルース・ウェインですので別の形で逆鱗に触れた可能性も十分あります。
1つ言えることは映画『アクアマン』が非常に楽しみであるということです。

About the author

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。

ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。

好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル

好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン)

 

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。