Menu
(0)

Search

アーミー・ハマー、所属エージェントから除名 ─ 不適切な内容のメッセージ流出疑惑を受けて

アーミー・ハマー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19509881830/

『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)『君の名前で僕を呼んで』(2017)などで知られる俳優アーミー・ハマーが、所属していた大手エージェントWMEから除名されたことがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

2021月1月、アーミー・ハマー本人がSNSを通して送ったとされる不適切なメッセージを、元恋人と名乗る女性が公開。その後、Deadlineなど主要メディアが続々とこの流出疑惑を報道し、情報が一気に拡散された。この時、ジェニファー・ロペス主演のコメディ映画『Shotgun Wedding(原題)』からハマーが離脱することも判明。続けて『ゴッドファーザー』(1972)の舞台裏を描くドラマシリーズ「ジ・オファー(原題:The Offer)」の主演からも降りることとなった。

報道によれば、ハマーの広報担当を個人的に務めていた人物も職を退いたという。なお、ハマーが所属していたWMEは、デンゼル・ワシントンやエディ・マーフィー、スティーブン・ソダーバーグなど、大物俳優やフェルムメーカーを擁するハリウッド屈指の大手エージェント。いわばハリウッドとの橋渡しを失ったことになるハマーの今後のキャリアが懸念される。

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly