Menu
(0)

Search

ジョン・カーペンター監督、『アサシン クリード ヴァルハラ』を絶賛「素晴らしいゲームです」

『アサシン クリード ヴァルハラ』
『アサシン クリード ヴァルハラ』(Ubisoft Entertainment)

世界的人気を誇る“潜入暗殺アクションゲーム”、『アサシン クリード』シリーズ最新作『アサシン クリード ヴァルハラ』が、2020年11月10日に発売された。本作について、『ハロウィン』シリーズで殺人鬼ブギーマンを生み、『遊星からの物体X』(1982)『ゼイリブ』(1988)を手掛けたホラー映画界の巨匠、ジョン・カーペンター監督が絶賛の声を送っている。

「『アサシン クリード ヴァルハラ』は、シリーズ本来の素晴らしさを感じさせる作品です。大規模なオープンワールド、美しいデザイン、圧倒的なゲームプレイ。素晴らしいゲームです。」

この称賛の声に対して、ユーザーからはジョン・カーペンター監督による『ハロウィン』のゲーム開発を求める声が挙げられた他、『アサシン クリード』の公式アカウントは監督に直接感謝の言葉を述べている。「師匠、ありがとうございます!私たち全員が影響を与えられてきた方から称賛されて、私たちはこの上なく喜んでいます!」。

『アサシン クリード』シリーズは2007年に第1作が発売され、本編・スピンオフを問わず多数の作品がリリースされている。優れたゲームシステムとストーリーテリングが高い支持につながり、シリーズの世界累計売上本数は1億5,500万本を突破。いまやビデオゲーム史屈指のセールスを誇る人気シリーズに成長した。最新作『アサシン クリード ヴァルハラ』は、恐れ知らずの戦士エイヴォルが、新たな定住地を求めて敵を征服していくという内容だ。ちなみに、Netflixにてドラマ化されることも決定している。

『アサシン クリード ヴァルハラ』は、Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、Playstation 4、Playstation 5、PC向けに発売中。

あわせて読みたい

Source: John Carpenter , Assassin’s Creed , Cinema Blend

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly