Menu
(0)

Search

手塚治虫『鉄腕アトム』海外CGアニメリブート進行中 ─ 1話30分・全52話構成

https://www.instagram.com/p/Ce3iIV7tzNS/

日本発の不朽の名作『鉄腕アトム』が、CGI-3Dアニメとしてリブートされることがわかった。米Varietyが報じている。

手塚治虫による原作漫画『鉄腕アトム』は、2022年で連載開始から70周年を迎え、いま再び脚光を浴びているところだ。人間の心を持った少年ロボット、アトムがロボットに対する差別や正義と向き合いながら地球を守るSF物語。はじめてのアニメ版は、1963年から1966年までに渡り日本で放送され、世界各地でも放送され絶大な支持を博した。その後も、アニメ版が複数回製作されている。

1話30分、全52話構成となる本作では、インターネットやソーシャルメディアの影響、人類による環境破壊など、現代社会における問題に切り込むタイムリーなストーリーになるとのこと。監督を務めるのは、アニメ「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」(2015−)のトーマス・アストリュクだ。

共同製作を担当するのは、『リトルプリンス 星の王子さまと私』(2015)などを手がけたMethod Animation・ Mediawan Kids & FamilyとShibuya Productions。Method Animationはフランスを拠点とする製作会社で、Shibuya Productionsはモナコ公国に設立された法人である

本作の正式発表にあたり、この2社は「手塚の原作漫画は、パワフルなメッセージを世界中の読者に届けるという点で、はるかに進んでいました。空を飛ぶ少年のファンタジックなストーリーは、今日でも世界中の読者の共感を呼ぶ強い価値観に満ちています」と述べている。

なお、本作の放送・配信時期などについては不明だが、Mediawan Kids & Familyからは「カミングスーン(近日公開)」と明記されている。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly