Menu
(0)

Search

『アタック・ザ・ブロック』続編が正式始動 ─ ジョン・ボイエガ&ジョー・コーニッシュ監督が続投へ

『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガとスティーヴン・S・デナイト監督インタビュー
©THE RIVER

SFアクション『アタック・ザ・ブロック』(2011)の続編映画『Attack the Block 2(原題)』が正式始動したことが明らかになった。米Deadlineが報じている。

前作『アタック・ザ・ブロック』は、イギリス・ロンドンのブロック・団地を舞台に、ストリートギャングがエイリアンたちからの地球侵略を阻止する死闘を描いた作品。エドガー・ライトが製作総指揮を務めた同作は、クエンティン・タランティーノがベスト映画のひとつとして当時挙げていたことでも知られる。

カルト的人気を誇る映画の続編には、メインキャラクターのモーゼスにふんしたジョン・ボイエガをはじめ、ジョー・コーニッシュが監督・脚本を続投することが伝えられている。『アタック・ザ・ブロック』主演の後、『スター・ウォーズ』にてブレイクしたボイエガが再び出世作に戻ってくるというわけだ。

そんなボイエガとコーニッシュは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)『ベイビー・ドライバー』(2017)ナイラ・パーク、『WAVES/ウェイブス』(2019)ジェームズ・ウィルソンとともにプロデューサーも兼任するとのことだ。続編の物語は不明。エイリアンたちの逆襲が描かれるのか、気になるところだ。

このたびの発表に際してボイエガは、「このストーリーがロンドンの街に戻ってくることに興奮しています」としながら、「モーゼスは、今でもお気に入りのキャラクターのひとつであり、彼を再び演じることは非常に光栄なことです」と喜びの声をあげている。一方のコーニッシュも、「ジョンと再び仕事をして、さらに拡大したスラムでのエイリアン・アクションを、観客にお届けするのが持ちきれません」と述べている。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly