Menu
(0)

Search

『アタック・ザ・ブロック』続編が正式始動 ─ ジョン・ボイエガ&ジョー・コーニッシュ監督が続投へ

『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガとスティーヴン・S・デナイト監督インタビュー
©THE RIVER

SFアクション『アタック・ザ・ブロック』(2011)の続編映画『Attack the Block 2(原題)』が正式始動したことが明らかになった。米Deadlineが報じている。

前作『アタック・ザ・ブロック』は、イギリス・ロンドンのブロック・団地を舞台に、ストリートギャングがエイリアンたちからの地球侵略を阻止する死闘を描いた作品。エドガー・ライトが製作総指揮を務めた同作は、クエンティン・タランティーノがベスト映画のひとつとして当時挙げていたことでも知られる。

カルト的人気を誇る映画の続編には、メインキャラクターのモーゼスにふんしたジョン・ボイエガをはじめ、ジョー・コーニッシュが監督・脚本を続投することが伝えられている。『アタック・ザ・ブロック』主演の後、『スター・ウォーズ』にてブレイクしたボイエガが再び出世作に戻ってくるというわけだ。

そんなボイエガとコーニッシュは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)『ベイビー・ドライバー』(2017)ナイラ・パーク、『WAVES/ウェイブス』(2019)ジェームズ・ウィルソンとともにプロデューサーも兼任するとのことだ。続編の物語は不明。エイリアンたちの逆襲が描かれるのか、気になるところだ。

このたびの発表に際してボイエガは、「このストーリーがロンドンの街に戻ってくることに興奮しています」としながら、「モーゼスは、今でもお気に入りのキャラクターのひとつであり、彼を再び演じることは非常に光栄なことです」と喜びの声をあげている。一方のコーニッシュも、「ジョンと再び仕事をして、さらに拡大したスラムでのエイリアン・アクションを、観客にお届けするのが持ちきれません」と述べている。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly