Menu
(0)

Search

『アバター2』キャスト、役作りのためキャメロン監督と熱帯雨林でサバイバル生活を送る ─ 「葉から水を飲んだ」

イメージ写真

アバター』(2009)続編として2022年12月に米公開を控える映画『Avator 2(仮題)』は、主人公サリー(サム・ワーシントン)やナヴィ族が、パンドラの別の地域を目指して水中、水上を旅するストーリーが描かれるという。この続編では、水辺だけでなく熱帯雨林もかなりの割合で舞台になる模様で、監督のジェームズ・キャメロンが映画のためにキャストと一緒に、数日間にわたって熱帯雨林でサバイバル生活を送ったと明かしている。

Varietyのインタビューで、『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021)のドゥニ・ヴィルヌーヴとキャメロンが対談。ヴィルヌーヴから、「俳優が撮影セットで何に取り組んでいるのか、どのように理解させるのですか?」と問われ、キャメロンがこう答えている。

「私はキャストたちを、“感覚記憶のオデッセイ”と呼んでいるものに連れ出したんです。私たちはカウアイ島へ行って、数日間、熱帯雨林で暮らしました。直火で料理をして、葉から水を飲んだんです。私は、“これからトレイルを歩くから、急な箇所を登る時にどのように自分が足と手を配置するか、できるだけ多くのことを観察してほしい。どんな感触だったか、どんな匂いだったかを覚えておいて、その感覚をほぼ何もない環境に持ち帰らなくてはならない”と伝えました。私たちは全員、その旅に乗り出したのです。」

『アバター』続編の撮影では、グリーンバックやモーションキャプチャの使用が必須であるのは言うまでもない。キャメロンは熱帯雨林でのサバイバル生活をキャストに実体験させ、無機質な撮影セットでキャストからオーガニックな演技を引き出せるよう配慮したようだ。

先日、『Avator 2』のコンセプトアートが公開され、主人公サリーとネイティリ(ゾーイ・サルダナ)、2人の子どもだと思われる幼いナヴィの姿が切り取られている。また、水中シーンを演出するキャメロンや俳優のパフォーマンスも画像に収められており、ハリウッドでも破格の規模で撮影が実施されていることをうかがわせている。『Avator2』は、2022年12月16日に米国公開予定。

Source:Variety

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly