Menu
(0)

Search

バットマン好き絶対集合!9/10より六本木にてHOTTOYSのエキシビション『バットマン100%』開催!

9/10(土)〜25(日)東京・六本木泉ガーデンギャラリーにて、香港のコレクティブルトイメーカーHOTTOYSがエキシビションバットマン100%を開催します。

1939年に誕生以来、最早説明不要のポップカルチャーアイコンとなったバットマン。その人気は単純にコミックスの売り上げだけを考えるならば、DC、marvel、その他出版社が産み出した幾千のヒーローの中で、最大のものと言って過言ではありません。
またその精妙なつくりで、ハイエンドフィギュアメーカーとして揺るぎない地位を築いたHOTTOYS。こちらの人気もアジアのみならず、世界中でブームを起こしています。

そのHOTTOYSが間近に迫った映画『スーサイドスクワッド』の日本公開に合わせて開催するのが、バットマンの世界を体感できる巨大エキシビション『バットマン100%』です。六本木泉ガーデンギャラリーに建設されたバットケーブ(秘密基地)に、世界中から集められたバットマン関連商品や映画グッズが集結します。

展示の具体的な内容としては、本物を見紛うばかりのHOTTOYSのフィギュアを使ったジオラマ展示、古今東西のバットマン玩具ミュージアム、映画『スーサイドスクワッド』の撮影で実際に使われたコスチュームの展示、そして多勢の著名人デザインのバットマンフィギュアの展示、こちらは「おまえバットマン興味ないだろが」っていう方もちらほらいらっしゃる中、個人的には昔からバットマンの熱烈なファンとして有名な漫画家の桂正和さんや、イラストレーターのロッキンジェリービーンズさんなどのデザインするバットマンがどんなものか楽しみですね。

あと、忘れてはならないというかそれが目的で足を運ぶ方の方が多いのが、ここでしか手に入らない限定商品が並ぶの物販ブース。今回の目玉商品はやはりスーサイドスクワッド関連、バットマンコスプレをしたジョーカーフィギュアあたりでしょうか。HOTTOYSのエキシビションは毎年何らかの形で開催されていますが、毎回大変な人気で長蛇の列ができることで有名です。 ご興味があり、どうしても手に入れたい商品がある方は、事前に入念な情報収集してからお出かけになるとをオススメします。入場無料。バッツ好きの皆さんこの機会をお見逃しなく!

バットマン100% 公式サイト

Writer

アクトンボーイ
アクトンボーイ

1977年生まれ。スターウォーズと同い歳。集めまくったアメトイを死んだ時に一緒に燃やすと嫁に宣告され、1日でもいいから奴より長く生きたいと願う今日この頃。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly