【特集】『バトルシップ』出演のリアーナ、歌姫からタフな海軍兵曹へ ─ 出演のきっかけはあの事件

映画『バトルシップ』(2012)で、口が悪く気の強い女性海軍兵曹コーナ・レイクスを演じるのはリアーナ。いくつもの世界的ヒット曲を持つリアーナは、何故キャスティングされたのか。また映画初主演となるリアーナにとって、役者の仕事はどう感じたのか。

この記事では、『バトルシップ』に登場した歌姫リアーナをめぐる事実の数々を、複数のインタビュー発言から解き明かそう。

映画『バトルシップ』リアーナ

cORIVERcinema

リアーナ、米軍仕込みのトレーニングでしごかれる

「私の役は、レイクスというイケてる女です。超タフで、男の中に混ざっている。男たちと同じくらいハードにこなすんです。」

アメリカ海軍「ジョン・ポール・ジョーンズ」CICに所属するコーナ・レイクスは、男勝りな性格で他の男性クルーのケツを叩くようなパワフルなキャラクターだ。映画序盤のアメリカ対日本のフットボール試合では、モッシュ系ハードコアバンド”HOODS”のカットオフTシャツ姿で登場。倒れた男性プレイヤーを「だらしない、あんたオカマ?」と叩き起こした。

1988年生まれのリアーナは、2005年に歌手としてアルバム・デビュー。以来、トップチャートの常連アーティストとしてカリスマ的な人気を得る。ミュージック・ビデオやステージ・パフォーマンスでの彼女はセクシーでグラマラスなディーヴァのイメージが強いが、『バトルシップ』では屈強な女海軍兵曹を演じぬくため、小柄な身体を鍛え上げた。「武器を沢山担ぐから、上半身を鍛えなくっちゃいけなくて」と振り返る彼女は、「この映画のために、人生で一番腕立て伏せに励みました」と語る

リアーナのトレーニングには、本物の兵士がトレーナーとして就いた。米軍仕込みのスパルタ教育で、心身ともにしごかれたようだ。

「面と向かって何度も罵られました。あの人は絶対に私をリアーナと呼ばなかったし、問いかけに答えてくれることもありませんでした。」

鬼トレーナーの存在に、しばらくはビビりまくっていたという。「彼が来たら、ハイヒールを全部隠して、ショッピングに出かけた後のショップバッグも、ピンクのiPodも全部一瞬で片付けていました。」

その厳しい訓練が『バトルシップ』の現場で役立った。「撮影現場に行けば、(演じる)キャラクターは表面的なものではいけないし、取り繕いも通用しない。自分の中にキャラクターを構築しておかなければいけないんです。だから(トレーニングは)必要不可欠でした。」

世界的歌姫を、荒々しい海軍兵曹の役として選んだ監督の思惑は何だったのだろうか。リアーナがピーター・バーグ監督の目に止まったのは、とある事件がきっかけだった。

『バトルシップ』リアーナ抜擢の理由

2009年、一枚の写真が世界中に衝撃を与えた。顔面を痛々しく腫らしたリアーナの顔写真だ。誰もが憧れるポップ・アイコンの顔は赤黒い痣に忌々しく歪められ、リアーナは暗闇の底で絶望に打ちひしがれ、瞳を閉じている。

2009年2月8日。第51界グラミー賞授賞式前夜、華々しいパーティを終えた後だった。リアーナは当時交際していた人気歌手のクリス・ブラウンと車内にいた。

クリスの携帯が鳴った。見ると、元カノからのメールだった。リアーナは腹を立て、口論になると、クリスは激昂。リアーナの頭部を窓に叩きつけ、左目を殴った。クリスは「マジで殺すぞ!」と叫んだというが、リアーナによれば「あの時、彼の目には生気がなかった」という。

沈黙を貫いていたリアーナだったが、事件から12日後、現時点で本件に言及することはないこと、自分は元気であること、サポートに感謝するとの旨の公式コメントを発表。約8ヶ月が経った同年11月には、テレビ番組のインタビューに登場。事件について、自分の言葉で詳細を語り、全米中の注目を集めた。

『バトルシップ』ピーター・バーグ監督も、視聴者の1人だった。インタビュワーの目を真直ぐ見据え、誠実に言葉を選び語る彼女の姿は、ピーター監督の胸にも響くものがあった。監督は語る

「しっかりしているなと、興味をそそられました。リアーナを候補として考え始めたのはそれがきっかけです。ヒップホップを歌っているセクシーな女の子ってだけではないんだと。」

別の記事では、同インタビューをこのように振り返っている。

「彼女はシンプルな服装で、そんなにメイクもしていなくって、ダイアン・ソイヤー(インタビュワー)とフランクに話していた。その時、“この娘、思ってたよりもずっと強くて賢い人なんだな”と思ったのを覚えています。インタビューの中で、それが一番印象的でした。彼女には知られざる魅力がたくさんあって、ブリトリー・スピアーズではないんだなと、そんなことを考えていました。」

このインタビューをきっかけに、リアーナは「カリスマ性と自身に溢れている人だとはっきりわかった」という。この発見は好都合だった。実は監督自身も、かねてより作品にミュージシャンを出演させてみたかったというのだ。

「(映画では姿を)見たことがないお馴染みのスターがサプライズ登場する映画が大好きなんです。そういうのをずっとやりたくて。」

ピーター監督は、優れたミュージシャンは優れた役者にもなれるとの考えの持ち主だ。フランク・シナトラは『地上より永遠に』(1953)でアカデミー助演男優賞に輝いた。監督は、『地球に落ち来た男』(1976)のデヴィッド・ボウイや、クリス・クリトファーソン、ライザ・ミネリ、バーブラ・ストライサンドといった映画界でも功績を残したミュージシャンの名を挙げる。「それから、マライア・キャリーも。映画『プレシャス』(2009)のマライア・キャリーは良かったですよね。『プレシャス』覚えてます?」

既にスーパーセレブとしての地位を確立していたリアーナ。カリスマ・ミュージシャンを映画に登場させたのは、客寄せ効果を期待したいユニバーサル・スタジオの思惑もあったのだろうか。監督はキッパリと「NO」と答えている

「完全に私の意向です。彼女のミュージック・ビデオは観ていたし、リアーナのファンだったんです。」

初映画『バトルシップ』で実力と存在感示す

映画『バトルシップ』リアーナ

そうして、リアーナの元にピーター・バーグ監督からのラブコールが届いた。二人は早速面会を果たす。

ブルーのジーンズにTシャツ、サンダル姿で現れたリアーナは、監督と作品についてじっくり話し合った。そこで彼女は、アドリブの演技を披露してみせる。

「彼女は熱中していて、演じたがっていましたよ。今まで誰も彼女を映画出演に誘わなかったのも、私が最初に彼女に声をかけたというのも驚きです。」

これまで数々のミュージック・ビデオに出演してきたとは言え、映画作品での演技は彼女にとって初めての経験だ。ミュージシャンと役者、その両立はハードワーカーな彼女にとって挑戦に値するものだった。リアーナは、「自分に負けるのが嫌。同じ場所に留まっていたくないんです」と底なしのストイックさを覗かせる

「成長し続けたいし、もっと良くなりたい。次のステップはいつだって上や前を向いていたいんです。自分の仕事となれば、そこは容赦無し。

鬼トレーナーにも鍛え上げられ、モチベーションも全開でいざ撮影に挑んだリアーナだったが、不慣れな撮影現場では不安の連続だったと振り返る。

「ヒヤヒヤでした。何をしたら良いのかもわからないような新しいことに挑むのは、本当に怖かったんです。」

リアーナによれば、撮影現場で「みんなの注目を浴びる直前の瞬間、不安になってしまう」という。これまでのミュージシャン活動では経験が無かった。ピーター・バーグ監督はミュージシャンと役者の親和性を信頼したが、彼女にとっては勝手が違いすぎたようだ。

「歌手だったら、歌っている間は自分自身を出せば良い。でも役者は演じている間、自分は別人だと信じさせなければいけない。役者さんは皆どうやっているんだろう。」

また、撮影期間中の規則的なルーティン・ワークにも慣れなかった

「映画の撮影現場では、ひとつの場所に長期間拘束されるんです。毎日同じ時間に(撮影が)スタートして、毎日同じ時間に終わる。週末の休暇もあります。でも、すごくルーティンで、私にとっては辛かった。」

それでも、リアーナは『バトルシップ』で演じた役柄同様、全身全霊ハードに挑んだ。「彼女は不安がっていた」と証言するピーター監督だが、当時の彼女の真直ぐで果敢な性格をこう振り返っている。

「彼女は私の目を見て、”私を守って、良くして下さい。何でもやります。甘くしないで、あなたが納得行くまで止めないでください“と言いました。本当にその通り、彼女は止まらなかった。

「停滞すると罪悪感」

不慣れな現場で不安いっぱいながらも全力を尽くしたリアーナだったが、その裏で監督は別の不安に駆られていた。

「唯一不安だったのが、ハワイの海に彼女がいる時、海中に鮫がいましてね。リアーナを鮫に喰わせた映画監督になってしまったらどうしようと。オプラ・ウィンフリー(アメリカの有名司会者)がやって来て、私を椅子に座らせて、どんな不始末でリアーナが鮫に食べられたのかを説明させられるんじゃないかって。だから常に彼女には目を光らせていました。」

鮫に襲われることもなく、初演技とは思えない存在感ですっかりスクリーンに馴染んでみせたリアーナ。クランクアップ後はそのままロサンゼルスに直行し、“Only Girl (In The World)”のミュージック・ビデオの撮影もこなした。そこまで彼女を駆り立てるものは何か。

少しでも停滞すると、罪悪感を感じちゃうんです。でも、たまには止まってみるのも良いですよね。今年(2012年)は1月にオフを取ったんですが、そういえばそんな風に休みを取るのって初めてかも。」

『バトルシップ』撮影終了後すぐに撮影したミュージック・ビデオ

リアーナは『バトルシップ』以降、いくつかの映画・ドラマに出演している。近年では『スター・トレック BEYOND』(2016)や『ヴァレリアン』(2017)でもその存在感を放っている。

そんなリアーナが憧れる女優は、メリル・ストリープだという。「冷めた感じが大好き」だそうだ。

Source:http://thegrio.com/2012/05/18/rihanna-talks-battleship-and-new-tv-show/?http://popcrush.com/rihanna-battleship-biracial-body-image-barbados-interview/ https://www.washingtonpost.com/blogs/celebritology/post/peter-berg-talks-battleship-rihannas-toughness-and-the-friday-night-lights-movie/2012/05/17/gIQAAk7lWU_blog.html?utm_term=.f915bcb72c13 http://www.gq-magazine.co.uk/article/rihanna-battleship-movie-trailer-cast-peter-berg?http://ew.com/article/2012/05/17/battleship-peter-berg-rihanna/?http://www.filmindustrynetwork.biz/exclusive-interview-rihanna-talks-battleship-role/14551?http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-17598677?https://youtu.be/DjV8PWdZYR0

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。