Menu
(0)

Search

新アニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』制作決定、ビジュアルと予告編が到着 ─ レオンとクレア描くホラーアクション

バイオハザード:インフィニット ダークネス

バイオハザード』の初アニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス(原題:BIOHAZARD:Infinite Darkness)』の制作が決定した。合わせて、ティザービジュアル、ティザー映像が公開となっている。

2017年公開のCG映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』から3年、更なる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出す。

1996年にPlayStationでゲーム第1作が発売され、来年25周年を迎える『バイオハザード』シリーズ。今なお進化を続けるシリーズの歴史に新たな名を刻む本作のタイトルは『BIOHAZARD:Infinite Darkness』。

製作・原作監修には、数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースには、様々なアニメ作品を生み出しているトムス・エンタテインメント、『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当する。

本作は人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品。ダイナミックなアクションシーンに、サスペンス要素も加わった誰も見たことのない『バイオハザード』の世界を描く。

Netflixの『バイオハザード』は、ほかに実写ドラマ化企画も発表されている。こちらでは2つの時間軸を扱い、14歳のジェイドとビリーのウェスカー姉妹がニューラクーンシティに移り住む時間軸、それから10年後のT-ウイルスに侵された世界の時間軸を描くと伝えられている。

『バイオハザード:インフィニット ダークネス(原題:BIOHAZARD:Infinite Darkness)』はNetflixにて2021年全世界独占配信。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly