Menu
(0)

Search

『バード・ボックス』続編企画が進行中 ─ 「開発中です」原作者が語る

バード・ボックス
Netflix

Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』(2018)の続編製作が進められているようだ。

『バード・ボックス』は、作家ジョシュ・マラーマンの同名小説を基にしたスリラー。主人公マロリーは、ある日突然に訪れた世界の終焉と人類滅亡の危機に直面する。謎の異変の中で次々に死に至る人々、生き残るためにできることは決して“それ”を見ないこと。幼い子供二人の命を守るため、葛藤と恐怖の中でマロリーは“目隠し”をして決死の逃避行を決意する。全世界同時配信されてからの7日間で4,500万回再生された人気作品だ。

この度、米Inverseのインタビューに登場したマラーマンは続編について、「あまり多くは話せませんが、開発中であるということだけは言えるでしょう」と存在を認めた。「時々、秘密にしないといけないことに違和感を芽生えることがあるのですが、私は是非やりたいと考えていますよ」。

なお、マラーマンが執筆した続編小説『マロリー(原題:Malorie』は、2020年7月21日に米国にて発売される予定。前作から12年後の世界を舞台にした物語が描かれるという。同作が続編映画の物語と関係性を持つのかは不明だ。仮にこの小説を基に続編映画が製作されるのであれば、そのタイトルからしてマロリー役を演じたサンドラ・ブロックの続投は必須と言えるが、果たして……。いずれにせよ、続報が待たれるところだ。

Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』は独占配信中。

Source: Inverse , Cinema Blend

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly