Menu
(0)

Search

ディズニー『ブラック・ビューティー』日本版予告 ─ 心を閉ざした美しい馬と少女の感動物語

ブラック・ビューティ―
(c) 2020 Disney

Disney+ディズニープラス)オリジナル作品として登場する、一頭の黒馬と少女の絆が起こした感動物語を描く『ブラック・ビューティー』日本語予告編映像が初公開となった。

世界中で読み継がれている不朽の名作「黒馬物語」が時代を超え、装いも新たに蘇る。

野生の黒馬”ブラック・ビューティー”は商人に捕獲され、家族と引き離されたことで心を閉ざしていた。買い取られたバートウィック厩舎で、親を失い心に深い傷を負っていた少女ジョー・グリーンと運命の出会いを果たす。反発しながらも徐々に安らぎを見つけ、ふたりは互いに深い信頼関係を築いていく。

しかし、幸せな時間は長く続かず、人間の都合によって引き離されてしまうブラック・ビューティーとジョー。様々な場所で理不尽な仕打ちを受けながらも、ジョーと交わした約束と希望だけを信じて立ち向かうブラック・ビューティー。果たして本当の居場所にたどり着くことができるのか。

ブラック・ビューティ―
(c) 2020 Disney
ブラック・ビューティ―
(c) 2020 Disney
ブラック・ビューティ―
(c) 2020 Disney

様々な試練や冒険を経て成長するブラック・ビューティーの声を映画『タイタニック』『愛を読むひと』のアカデミー女優ケイト・ウィンスレットが務め、馬の視点から本作の物語を紡いでいく。

不遇な経験から心に深い傷を負いながらも、ビューティーとの出会いから懸命に生きようと前を向く少女ジョーにはディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』や『インターステラー』などに出演する注目の若手女優のマッケンジー・フォイを抜擢。バートウィック厩舎を営むジョーの叔父ジョンには、「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョラー・モーモント役で一躍有名になったイアン・グレンが演じている。

ブラック・ビューティ―
(c) 2020 Disney

主演マッケンジー・フォイは、「原作と同じように、この映画のとても大きなメッセージは、『優しさ。共感すること。思いやり。尊敬』」だと語る。「観てくれた方々がそういうメッセージを受け取ってくれたらいいなと思います。すべての生き物に対していつも優しく接し、敬意を持ち、思いやりを持つべきだということをわかってもらえることを願っています」。

監督は新鋭アシュリー・エイヴィス。「ムスタング(本作に登場する馬)のスピリットは、強さを、そして優雅さや寛大さ、優しさ、信じることのために立ち向かうことや、何かが間違っている時に立ち向かうことを表しています。みなさんに、そういうマジックのような感じを伝えたい」とコメントを寄せている。「原作がとても多くの人々に影響を与えたように、まったく新しい世代の、馬好きの少女や、馬好きの少年が、この映画から生まれてくれることを願っているし、そうして人々が、馬の世界に恋してくれることを願っています。家族や若い人々。すべての年齢層のための映画です」。

ブラック・ビューティ―
(c) 2020 Disney

『ブラック・ビューティー』は2020年12月18日(金)よりディズニープラスにて独占配信。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly