映画『ブラック・パンサー』がマーベル映画のアクションを変える?武術の達人マレセ・クランプが参戦!

2018年公開予定、マーベル・シネマティック・ユニバースとしては5本先となる映画『ブラック・パンサー』。すでに『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダンがヴィラン(悪役)を演じることが判明しているなど、早くも注目ポイントの多い作品だが、またしても気になる情報が入ってきた。

『ブラック・パンサー』に、武術の達人マレセ・クランプが参加しているというのだ。俳優やアクション・トレーナーとして活躍するこの人物が、マーベル映画のアクションに革命を起こすかもしれない

『ブラック・パンサー』単独映画に『クリード』の主演俳優がヴィラン(悪役)として登場!

マレセ・クランプって誰?

『ブラック・パンサー』でティ・チャラ/ブラック・パンサーを演じるチャドウィック・ボーズマンは、撮影開始を前にしてトレーニングの真っ最中のようだ。自身のインスタグラムにはその様子が投稿されている。

https://www.instagram.com/p/BI_dSIrgUD_/

https://www.instagram.com/p/BI_dSIrgUD_/

写真の左側に映っているのがマレセ・クランプだ。ボーズマンのトレーニングを担当していることから、『ブラック・パンサー』にアクション・トレーナーとして参加していることは間違いないだろう。

マレセ・クランプは元々武術家としてキャリアをスタートさせた人物だ。幼少期から訓練を積み、さらに世界中を旅することで、空手ムエタイカンフーカポエラボクシングフィリピン武術テコンドー忍術を身につけたという。その後、アクション映画に自身の技術や知識を活かすためハリウッドに進出している。

俳優としてのクランプの代表作は、トニー・ジャー主演の『マッハ!無限大』(タイトルで誤解されやすいが『トム・ヤム・クン』の続編)だ。まずはその驚異の身体をご覧いただきたい。動画の途中から登場する異様に強い坊主頭がクランプである。

クランプはこの『マッハ!無限大』で出演のほかアクションの振付も担当している。そのほか2012年の『アイアン・フィスト』ではRZAのスタントも担当するなど、その技術は折り紙つきだ。

『ブラック・パンサー』と武術

クランプの操る武術のうち、『ブラック・パンサー』に深く関係するとみられるのはカポエラ(カポエイラ)だ。カポエラは格闘技やダンス、音楽の要素が入り混じった特殊な武術で、その起源はブラジルともアフリカともいわれている。現在はブラジルを発祥とする説が主流だが、いずれにしてもアフリカからブラジルへ奴隷として送られた黒人たちが原形を発明したという。

『ブラック・パンサー』の主人公ティ・チャラはアフリカの小国ワカンダの国王である。したがってカポエラをそのまま使わなくとも、その要素を少なからず取り入れたアクションを見せてくれることだろう。さらに記事冒頭で述べた通り、ヴィランを演じるのは『クリード』での活躍が記憶に新しいマイケル・B・ジョーダンだ。彼の演じる役がワカンダを離れてアメリカに移っていた設定であることを考えても、おそらくティ・チャラとヴィランは異なるスタイルで戦うものとみられる。

マレセ・クランプが映画のアクションをすべて統括している・いないにかかわらず、きっと『ブラック・パンサー』には従来のマーベル映画とは明らかに性質の違うアクションが盛り込まれるはずだ。また作品の舞台や黒人俳優メインのキャスティングなど、そもそもマーベル映画では初めての試みが多い作品である。仮にルーツの異なる武術が激突することになれば、アクション自体が作品のテーマを語るような映画にもなりうるかもしれない。

『ブラック・パンサー』は2018年公開予定。ビターな味わいのアクション映画になるかも?

source:http://www.comicbookmovie.com/black_panther/the-black-panther-will-bring-new-action-and-fighting-scenes-to-the-a144547
http://www.martialartsentertainment.com/marrese-crump/
http://capoeira.or.jp/capoeira_history.php

Eyecatch Image:http://www.martialartsentertainment.com/marrese-crump/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。