Menu
(0)

Search

「ベター・コール・ソウル」ボブ・オデンカーク、容態回復で感謝のコメントを発表

ボブ・オデンカーク Bob Odenkirk
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43555583562/

ブレイキング・バッド」(2008-2013)『Mr.ノーバディ』(2021)のボブ・オデンカークが、救急搬送からの容態回復を経て、Twitterにて感謝のメッセージを公開した。

オデンカークは、2021年7月27日(現地時間)に「ベター・コール・ソウル」(2015-)シーズン6の撮影現場で倒れ、救急搬送された。翌28日には、容態が安定していること、原因が心臓に関わる症状であったことが報じられている。このたび、オデンカークは以下のコメントを発表した。

「こんにちは、ボブです。ありがとうございます。今週、私の近くにいてくれた家族と友人に感謝します。そして、ご心配とお気遣いをいただいた皆様からの愛情に。言葉にできませんが、たしかに愛情を感じ、これは本当に大きなことだと考えています。小さな心臓発作でしたが、ローサ・エストラーダ(『ベター・コール・ソウル』医療コンサルタント)と、手術することなく治療する方法を熟知した医師の皆さんのおかげで、なんとかなりそうです。AMCとソニーの方々にも、非常に大きなサポートと手助けをいただきました。回復に集中しますが、すぐに戻ります。」

オデンカークの容体が判明する前には、「ブレイキング・バッド」の出演者であるブライアン・クランストンやアーロン・ポールら、ハリウッドの関係者をはじめ、世界中のファンからSNSを通じてメッセージが寄せられていた。

なお「ベター・コール・ソウル」はシーズン6で完結を迎える予定で、全13話構成で2022年に配信予定。コロナ禍の影響を受け、2021年3月より撮影が開始されていた。今後の撮影スケジュールについて、製作側からの公式発表はなされていない。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly