Menu
(0)

Search

『処刑人』第3作が製作決定、ノーマン・リーダス&ショーン・パトリック・フラナリーが続投へ ─ 出所後の兄弟、これまでとは異なる敵と立ち向かう

ノーマン・リーダス Norman Reedus
©THE RIVER

ノーマン・リーダスショーン・パトリック・フラナリー主演、カルトシリーズ『処刑人』の第3作の製作が決定した。主演ふたりのほか、シリーズを牽引してきた監督、トロイ・ダフィーが続投する。Deadlineが報じた。

『処刑人』シリーズは、ある日、“悪人を処刑せよ”という神の啓示を受けた双子の兄弟(ノーマン・リーダス&ショーン・パトリック・フラナリー)が、法では裁けない悪人たちを退治していく姿を描くアクション。1999年に一作目、2009年に続編となる二作目が公開された。

10年以上ぶりとなる三作目は、トロイ・ダフィーとショーン・パトリック・フラナリーが脚本を共同執筆し、ノーマン・リーダスのアイデアも取り入れられているという。監督は本作の発表に際して、「20年間に渡り、このキャラクターをファンは愛し続けてくれています」としながら、「『処刑人II』の最後では彼らを刑務所に入れましたが、ファンは彼らに何が起こったのかを知りたがっています」「『処刑人III』を実現できることをとても楽しみにしています」とコメントしている。

トロイ・ダフィーによると、三作目では刑務所から出所した兄弟が、収監された当時とは異なる世界と直面する姿を描く物語になるとのこと。処刑を続けるべきか兄弟間で対立しながらも、そこにはこれまでとは異なる新たな敵が立ちはだかる。タイムリーなテーマにもなるといい、アンケートとしてふたりの兄弟に殺して欲しい相手のアイデアを募集したところ、“政治家”が最も多く寄せられたという。もしかしたら、政治家が今度の敵となるのかもしれない。なお撮影は、2022年5月に開始予定とされている。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly