Menu
(0)

Search

『TENET テネット』ジョン・デイビッド・ワシントンの新作スリラー、Netflixで2021年配信へ ─ 共演アリシア・ヴィキャンデル、製作ルカ・グァダニーノ

ジョン・デイビッド・ワシントン
Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image 写真:ゼータ イメージ

『TENET テネット』(2020)のジョン・デイビッド・ワシントン主演によるスリラー映画、『Born to Be Murdered(原題)』Netflixが2021年に配信することがわかった。米The Hollywood Reporterが配給権の獲得を報じた。

本作は、『ブラック・クランズマン』(2018)と『TENET テネット』で一躍ハリウッドのスターダムを駆けあがるワシントンが、2019年にギリシャで撮影した一作。とある休暇中のカップルが、ギリシャ・アテネとイピロスにて暴力と陰謀の渦に呑み込まれていく。

主人公のカップルをワシントンとともに演じるのは、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(2018)のアリシア・ヴィキャンデル。『リリーのすべて』(2015)『エクス・マキナ』(2014)では数多の映画賞に輝いた気鋭の女優だ。そのほか、『ファントム・スレッド』(2017)のヴィッキー・クリープス、『ザ・プレデター』(2018)のボイド・ホルブルックが出演している。

アリシア・ヴィキャンデル
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/49014043916/ Remixed by THE RIVER

プロデュースは『君の名前で僕を呼んで』(2017)『サスペリア』(2018)監督のルカ・グァダニーノ。監督・原案は、グァダニーノと公私のパートナーだったフェルディナンド・シト・フィロマリーノが務め、脚本はケヴィン・ライスが執筆した。なお、フィロマリーノ監督にとって本作は初の英語作品となる。

Netflixはジョン・デイビッド・ワシントンとゼンデイヤの主演映画『Malcolm & Marie(原題)』の配給権も獲得しており、こちらの配信も待たれている。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly