Menu
(0)

Search

『ボヘミアン・ラプソディ』世界興収、早くも1億4,000万ドル突破!米国初動成績は『アリー/ スター誕生』超え

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

伝説のロックバンド、クイーンのボーカリストであるフレディ・マーキュリーの人生を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』が2018年11月2日に米国で公開された。公開後3日間の興行収入は5,000万ドルを突破、全世界興行収入の累計額は早くも1億4,100万ドルに達している

Varietyによると、『ボヘミアン・ラプソディ』は米国4,000館で劇場公開され、推定5,000万ドルの興行収入を記録。ディズニー実写映画『くるみ割り人形と秘密の王国』(2018年11月30日公開)を抑えて週末ランキングの第1位を達成した。この数字は、同じく音楽映画の話題作である『アリー/ スター誕生』の4,290万ドルをしのぐもので、音楽伝記映画としては『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)の6,020万ドルに次いで史上第2位となる。

また、本作は10月30日から11月2日にかけて多くの海外市場で劇場公開を迎えており、11月4日までに海外興収7,250万ドルを記録。この週末だけで全世界興行収入は1億2,250万ドルとなっている(なおイギリスでは10月24日に劇場公開を迎えており、それらの累計額が冒頭に触れた1億4,100万ドルである)。
Deadlineによれば、『ボヘミアン・ラプソディ』はイギリスのほかフランスやメキシコ、ドイツなど各国で週末ランキングの第1位を獲得したということだ。クイーンやフレディ・マーキュリーのまったく衰えぬ人気を証明したといえるだろう。

『ボヘミアン・ラプソディ』には製作費5,200万ドルが費やされたとされているため、製作・配給を担当した20世紀フォックスとしては、すでに非常に優れた成績を収めていることになる。このあと本作は、日本にて11月9日に劇場公開を迎えるほか、イタリア、南アフリカ共和国、スペインにて封切られる予定。どこまで数字を伸ばせるか、そして日本ではどのように受け入れられるのか、今後の動向にも引き続き注目したい。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』 は、2018年11月9日(金) 全国ロードショー。

『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

[お詫び]
記事初出時、内容に誤植がございました。現在は正しい表記に修正しております。たいへん申し訳ございませんでした。

Sources: Variety(1, 2), Deadline(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

  1. 名無し

    https://theriver.jp/bp-us-opening/
    こちらの記事にて、ボヘミアン・ラプソディの制作費が5200ドルと記載されておりますが、5200万ドルの間違いではないでしょうか?
    いつも記事、楽しみに読ませて頂いております。

    1. 稲垣 貴俊

      THE RIVER編集部 稲垣です。
      このたびはご指摘を賜りまして、誠にありがとうございます。
      ご指摘の通り、本文内容に誤植がございました。大変申し訳ございません。
      謹んでお詫びしますとともに、現在は正しい表記に修正しておりますことをご報告いたします。
      今後とも、THE RIVERを何卒よろしくお願い申し上げます。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly