Menu
(0)

Search

『ボヘミアン・ラプソディ』日本興収が100億円突破 ─ アカデミー賞ノミネートコメントも到着、クイーン伝説のライブ特番も放送決定

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

伝説のバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』日本興行収入が100億円を突破したことがわかった。


2018年11月9日に日本公開を迎えた本作はファンによる口コミが話題を呼び、公開初週末から5週目までの週末興行収入が前週対比より上がり続けるという異例の大ヒット。2019年1月22日までの累計興行収入が100億4,168万7,580円となった。

ラミ・マレック アカデミー賞ノミネート コメント

同作は、2018年の映画興行ランキングで国内第1位、(全米除く)インターナショナル興収第1位など、「伝説のチャンピオン」にふさわしい快挙を次々と打ち立てている。日本時間の1月22日夜発表となった第91回アカデミー賞では、堂々の5部門にノミネート(作品賞、主演男優賞、編集賞、音響編集賞、録音賞)。フレディ・マーキュリーを演じた主演ラミ・マレックも、以下の喜びの声を寄せている。

「本作に関わったすべてのキャストやスタッフを代表してアカデミー会員に感謝します。そして、プロデューサーのグラハム・キング、編集のデニス・オサリヴァン、20世紀フォックス映画、ニューリージェンシー、そしてブライアン・メイとロジャー・テイラーと“クイーン”へ大感謝です。フレディ・マーキュリーを演じられたことは一生の宝もので、このノミネートは偉大なるフレディを称える勲章です。」

なお、20世紀フォックス映画配給で日本興行収入が100億円を突破した作品は、『タイタニック』(1997) 262億円、『アバター』(2009) 156億円 、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)127億円、『インデペンデンス・デイ』(1996)106.5億円。世代を超えて語り継がれる名作群に、『ボヘミアン・ラプソディ』も加わることとなった。

さらにAbemaTVでは、クイーン伝説のライブ特番『興行収入100億円突破記念!QUEEN史上最大&最後の伝説ライブ「ブダペスト1986」特別上映』放送も決定。2019年2月2日(土)夜10時~夜11時45分、AbemaSPECIAL2チャンネルでの放送が予定されている。
放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/BNYG3zAfW1HGnK

『ボヘミアン・ラプソディ』は大ヒット上映中。

『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly