Menu
(0)

Search

快進撃続く『ボヘミアン・ラプソディ』ブーム、2018年洋画興収ランキング2位に ─ ブライアン・メイも法被姿で祝福

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

社会現象化した『ボヘミアン・ラプソディ』ブームが止まらない。日本公開6週目の週末(2018年12月15日〜16日)で興行収入53億円を突破し、2018年公開洋画興行収入ランキング第2位に躍り出たことがわかった。

6週目の週末は518スクリーンで動員298,089人、興行収入4億3,153万円(前週対比85%)を上げ、週末までの累計動員3,900,882人、累計興行収入53億6,288万円を達成。『グレイテスト・ショーマン』の成績(52億1,233万円)も越え、前方には『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(81億円)のみ。


『ボヘミアン・ラプソディ』は日本公開以来、前週の興収記録を上回り続けるという驚異の快進撃が続いていた。6週目はさすがに前週対比85%となったが、それでも破竹の勢いである。最終興収は80億以上が予想され、2018年公開洋画作品第1位も射程圏内に入った。

ボヘミアン・ラプソディ
『ボヘミアン・ラプソディ』の快進撃、もはやどこまで行くのかと舞台袖で見届けるしかできない。© 2018 Twentieth Century Fox

音楽/ミュージカル映画としては『美女と野獣』(124億円)、『レ・ミゼラブル』(59億円)に次ぐ歴代3位。現在59ケ国で公開され、全米の累計興行収入は1億8,042万ドル(約204億円)、全世界累計興行収入は6億3,593万ドル(約722億円)となり、前週より1ランクアップして2018年全世界興行収入トップ8にランクインした。

手を取り合って このまま行こう

この快進撃を受け、クイーンのメンバー ブライアン・メイも、おなじみの日本製法被を羽織った姿で、自身のInstagramに喜びのコメントを寄せた。ちなみにこの法被、同作ジャパン・プレミアの舞台挨拶時にブライアン・メイ役グウィリム・リーが着用していたものと同じデザインのようだ。

「Foxさん、 ボ-ヘ-ミ-ア-ン ラ-プ-ソ-デ-ィの素敵なハッピ・コートをありがとう!それから…日本のファンや友たちへ。私たちの映画に熱狂してくれてありがとう。日本で社会現象化しているなんて、なんて素晴らしいことでしょう。夢が叶いました。素晴らしき信念、長年にわたるサポートに感謝しています。Teo Torriate(手を取り合って)!愛を込めて。ブライ」

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は2018年11月9日(金)より全国の映画館にて公開中。年末年始、もう1回観に行こうかな…!

『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly