Menu
(0)

Search

【完全レポート】『ボヘミアン・ラプソディ』ジャパン・プレミア「僕たちはフレディ伝説のわずか一部だ」(写真100枚)

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

伝説のバンド、クイーン(QUEEN)を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』の日本公開(2018年11月9日)を記念して、ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)が初来日を果たしたジャパン・プレミアが開催された。世界中を回った本作プレス・ツアーの最終地として、クイーンの伝説を見事に演じた3人が11月7日、東京の地に登場。なお、来日予定だったロジャー・テイラー役ベン・ハーディは、新作映画のヨーロッパ撮影が悪天候のためスケジュール変更となり、直前になって残念ながら来日キャンセルとなった。(記事最後に撮影写真ギャラリー100枚。)

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

3人は、会場となったTOHOシネマズ六本木ヒルズの屋外階段に設置されたパープル・カーペットに登場しファン・サービスを行った後、舞台を劇場内に移して舞台挨拶を行った。

真摯に感謝伝えたクイーン・メンバー

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

ブルーのスーツに身を包んだラミは、まるで伝説のエンターテイナーの魂がまだ抜けきっていないのかのように、下唇を噛んで顎を少し突き出すような仕草を度々見せた。ステージには登場すると共に「こんばんは」と日本語であいさつした後、「ここに来られたことに、とんでもなく興奮しています」と語る。

「クイーンは日本に愛され、また日本文化をこよなく愛していました。彼らが日本を訪れたときは、ビートルズ来日のような熱狂だったそうですね。そんな風に、皆さんが今作を愛して頂けたら嬉しいです。歓迎してくださって、ありがとうございます。」

直後、客席より女性の声で「愛してるよー!」と聞こえると、すぐに「I love you too」と返した。

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

ブライアン・メイ役のグウィリム・リーは、この度ステージに揃った3人の中でもひときわ背が高い。また、ブライアン同様に聡明でおとなしい印象を持っている。あいさつを求められると、満員の客席を前に少し気恥ずかしそうに、スラリとした身体をたたみながら「ハ、ハロー」と始めた。

「ここ何年も、日本を訪れるのが夢だったんです。ずっと東京に来たかった。今回が初めての日本です。初の日本はきっと旅行で行くんだろうなと思っていたら、この素晴らしい作品を分かち合うために来られたなんて、本当に光栄です。どれだけ嬉しいか、言葉に出来ないくらい。今夜、みなさんと今作を共に出来て嬉しく思います。どうぞお楽しみください。(日本語で)ありがとうございます。」

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

個性あるメンバーが集まったクイーンの中でも、ベーシストのジョン・ディーコンは「いい意味で普通の人」として知られる。そんなジョンを演じたジョー・マッゼロも、最もカジュアルで自然体だったような印象だ。深いグリーンのチェック柄スーツで現れたジョーは、客席を埋め尽くす日本のファンを見渡しながら、感慨深げにマイクを握った。

「この映画の撮影初日、”今作のプレスツアーで日本に行けたら、どんなに凄いだろう”と皆で話していたんです。今、僕らはここにいる。まるで夢を生きているようです。客席の皆さんとこうして会えて、つつましい気持ちでいっぱいです。皆さんのサポートに感謝します。映画をお楽しみください。」

「フレディがどれだけ日本を愛していたことか」

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

この日、大の親日家として知られるクイーンが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のキャストに魂を宿して33年ぶりに来日を果たしたというわけだ。観客席を埋め尽くす日本のクイーンファンを前に、ラミはどこまでも謙虚に言葉を紡いでいく。

「クイーンの物語を、フレディの物語を語り継ぐ上で、僕たちはごくごくわずかな役目を果たさせて頂きました。これほどの栄誉はありません。フレディ・マーキュリーのことを想うとき、彼がどれだけ日本文化を愛したことかと思いを馳せます。彼の自宅の写真を見た時、日本のものがたくさんありました。たとえば着物は、この映画の製作でも複製しました。僕にとってはすごく意義深いことです。いつか日本を訪れて、この作品を祝うことができると分かっていたからです。プレスツアーではロンドンやニューヨークをめぐって、ついにここ日本で、東京で旅を終えます。

クイーンを愛した日本のファンの皆さんと今作を分かち合うことができて、大変光栄に思います。彼らの初来日から今日までの50公演、ずっと温かく迎えてくださいました。ブライアン・メイもロジャー・テイラーも、クイーンの皆さんがあなたたちに感謝されています。今作でお見せする、僕たち新たなクイーンからも、同じように感謝申し上げます。ありがとうございます。」

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

続けて撮影時のエピソードを尋ねられたラミは「ブライアン・メイやロジャー・テイラーが、フレディ役として僕のようなこんな若者…、若いというか、こんな男を受け入れて頂けたことがとても栄誉です」と慎ましい。

「おそらく彼らは僕たちに対して、こいつらは誰なんだと一蹴することも出来たと思うんです。それなのに彼らは僕たちを迎え入れ、受け入れてくださった。それが素晴らしいことだと思います。驚きなんですが、ブライアン・メイもロジャー・テイラーも、今では僕の友人なんです。フレディの妹のカシミラさんとも友人になりました。この経験は、僕の人生の中でも最も深遠なものになりました。

きっと僕たちが試みたことって、クイーンの物語を、フレディ・マーキュリーの物語を称えることでした。僕たちは、クイーンの伝説のごく一部分となることができました。ブライアンとロジャーもこの映画を観てくださって、楽しんでくださって、本当にやった甲斐がありました。」

ボヘミアン・ラプソディ
© 2018 Twentieth Century Fox

君はロックスターだ、ドンと行け

ブライアン・メイを演じたグウィリム・リーは、ブライアン直々にギターのレッスンを受けるなど、徹底的な準備を行った。その仕上がりは、ブライアンが「自分の若い頃の映像かと思った」と勘違いするほど。グウィリムは撮影時のエピソードを語る。

「皆さんはまだ今作をご覧になっていないので、ネタバレは避けますね。この映画でクイーンはライブ・エイドというコンサートを目指すんですが…、これってネタバレじゃないですよね?このシーン、僕たちはかなり入念に準備したんです。かなり細かいところまで再現したかったので、リハーサルには5週間も費やしました。

シーンの撮影初日、ブライアンがやって来ました。とても緊張しました。ブライアンがこっちを見てるんですよ。終わった後にブライアンが来て、”良かったよ!特徴をよく捉えてると思う。でも、僕がロックスターだってことを忘れないでね。もうちょっとエゴを出してもいいんじゃないかな”って。きっと僕に、”君はロックスターなんだ、ドンと行け”って教えてくださっていたんだと思います。史上最高のロック・ギタリストにそんな教えを頂けるなんて、素晴らしい瞬間でした。」

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

アンダー・プレッシャー

続いて、ジョン・ディーコン役のジョー・マッゼロも撮影を振り返る。

「ライブ・エイドのリハーサル初日、ブライアンとロジャーとお会いしたときのことは忘れられませんね。2人がリハーサルを見たいとおっしゃるので、僕たちはビビってたんです。逃げたかった(笑)。何かしらの言い訳をして、今日は出来ないって逃げたかったんですよ。急用が出来たので帰りますとか、ちょっと体調が悪いですって。

でも結局は音楽と向き合うことになった。初めてやって見せたあと、2人はハグしてくださいました。僕が演じたジョン・ディーコンは現場にいらっしゃいませんでした。おそらくブライアンとロジャーは、自分を演じる役者だけをじっくり見ているんじゃないかと心配していました。でもそんなことはなくって、僕にも配慮していただいたんです。ブライアンは僕にこうおっしゃいました。”必要なことがあったら、何でもしよう。グウィリム(ブライアン役)と同じく、君も僕たちの一部なんだ。”支えてもらっているんだと、すごく特別な気持ちになりました。

現場では、彼らがスマホで僕らを撮るんですよ。まるで僕らのファンみたいに(笑)。いやいや、僕らがあなたたちのファンですよって。とにかく、こうしたサポートが力になって、自信とモチベーションを高めてくれました。ただステージに上がって、彼らを再現すればいいんだと。」

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

恒例の鏡開き

最後に、一番好きなクイーンの楽曲について尋ねられる。ラミが「Under Pressure」と答えると、観客席からは「おぉ」と唸る声があがった。グウィリムは「なんだか人気投票みたいだね(笑)、Don’t Stop Me Now」、ジョー・マッゼロはドラムロールの声真似をしてから「Somebody To Love」を挙げる。もちろんラミは、本作のタイトルになった「Bohemian Rhapsody」を加えることも忘れていなかった。

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

舞台挨拶では、最後におなじみ日本式として『ボヘミアン・ラプソディ』の法被が贈呈。3人が羽織ってみせると、恒例(?)の鏡開きへ。樽を運び入れるゲストに、あのテーマ曲と共にお笑い芸人のひょっこりはんが登場。来日キャストの3人には、「ジャパニーズ・ナンバーワン・タンクトップ芸人」と紹介された。樽を運び入れたひょっこりはんは少し気恥ずかしそうに舞台袖に消える。ひょっこり現れ、ひょっこりと去っていた。

最後に、会場が一体となって「We Will Rock You」のリズムを奏でた後、力強く鏡割りを行ってイベントは終了した。

ボヘミアン・ラプソディ
©THE RIVER

ギャラリー(写真100枚)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、2018年11月9日(金) 全国公開。

『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly