Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』超話題、ブリー・ラーソンが『エターナル・サンシャイン』脚本家の新作映画に出演へ

©THE RIVER

主演映画キャプテン・マーベル(2019年3月15日公開)が大きな話題を集めているブリー・ラーソンが、Netflix製作による新作映画『I’m Thinking of Ending Things(原題)』に出演する見込みであることがわかった。米Deadlineによると、ブリーは契約交渉の最終段階にあるという。

カナダの作家イエイン・リードが2016年に発表した同名小説を映画化する『I’m Thinking of Ending Things』では、『マルコヴィッチの穴』(1999)や『エターナル・サンシャイン』(2004)を執筆したチャーリー・カウフマンが脚本・監督・製作を兼任。監督作品としては『脳内ニューヨーク』(2008)、『アノマリサ』(2015)に続いて今回が3作目となる。

物語の主人公ジェイクは、両親の営む人里離れた農場へ向かうロードトリップの途中で“終わり”について考えているという人物。ブリーが演じるのはジェイクのガールフレンドで、一緒に農場へと向かうことになる。ところが、道中で二人は思いもよらぬ“回り道”を強いられることになり……。

『キャプテン・マーベル』米国で話題

ブリーは『キャプテン・マーベル』の劇場公開を2019年春に控えているほか、『ブラックパンサー』(2018)や『クリード』シリーズのマイケル・B・ジョーダンと共演する『Just Mercy(原題)』が待機中。『ルーム』(2015)でアカデミー主演女優賞を射止めた若きトップ女優は、今後の出演作にも注目が集まっている。

2018年12月3日(米国時間)には『キャプテン・マーベル』の米国版新予告編が公開され、早くも映画ファンの間では大きなリアクションが巻き起こった。異星人であるクリー人とスクラル人の戦争に地球が巻き込まれる中、かつての記憶をはっきりと持たず、スクラル人によって命を救われた空軍パイロットの主人公キャロル・ダンバースはどのように戦うのか……。マーベル史上最強のヒーローが、いよいよスクリーンに姿を現す。

映画『キャプテン・マーベル』は2018年3月15日(金)全国ロードショー。このたび報じられた、ブリー・ラーソン出演の新作映画『I’m Thinking of Ending Things(原題)』の製作・配信時期は不明だ。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly