Menu
(0)

Search

メル・ギブソン主演、不良刑事映画『ブルータル・ジャスティス』公開決定 ─ 「人命軽視・公共物破壊しまくり作品賞」候補作

ブルータル・ジャスティス
COPYRIGHT © 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

メル・ギブソン主演、第40回ゴールデンラズベリー賞「最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞」候補作。容赦なき暴力描写とウィットに富んだ会話、手に汗握る衝撃的な展開で送る『DRAGGED ACROSS CONCRETE(原題)』が、邦題『ブルータル・ジャスティス』として2020年8月28日(金)より公開される。

ベテラン刑事ブレット(メル・ギブソン)とその相棒トニー(ヴィンス・ヴォーン)は、強引な逮捕が原因で6週間の無給停職処分となる。家族のため大金を必要としていたブレットは、一攫千金を狙い、ある犯行を計画。それは、不穏な動きを始めた犯罪者の情報を入手し、彼らの取引後に金を強奪するというものだった。ブレットはトニーを誘い、ボーゲルマンという男を監視する。ある朝、ブレットとトニーは動き始めたボーゲルマンと仲間を尾行するが、その追走劇は地獄の始まりだった……。

監督を務めたのは、人喰い先住民とガンマンの凄絶な戦いを描いた『トマホーク ガンマン vs食人族』(2015)、ドラッグディーラーが取引失敗の代償に刑務所内で男の殺害を命じられる『デンジャラス・プリズン ―牢獄の処刑人―』(2017)を手がけ、独特の世界観や暴力描写でジャンル映画ファンから注目される気鋭S・クレイグ・ザラー。過去2作がカルト的な人気と高い評価を得ながらも日本未公開だったが、新作で待望の日本初公開となる。

主演はアカデミー賞®作品賞ほか6部門にノミネートされた監督作『ハクソー・リッジ』(2016)が記憶に新しい名優メル・ギブソン。相棒役には数々のコメディ映画などに出演し、メルとは『ハクソー・リッジ』でタッグを組んだヴィンス・ヴォーンを迎え、さらにトリー・キトルズやマイケル・ジェイ・ホワイト、ジェニファー・カーペンター、ドン・ジョンソンのほか、『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』(2017)のトーマス・クレッチマンが強盗犯役で登場する。

映画『ブルータル・ジャスティス』は2020年8月28日(金)新宿バルト9、梅田ブルク7にて公開

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly