Menu
(0)

Search

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ドク役、第1作の脚本が気に入らずゴミ箱に捨てていた

バック・トゥ・ザ・フューチャー
(c) 2020 Universal Studios. All Rights Reserved.

SF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのドク役で知られるクリストファー・ロイド。この役を演じるために生まれてきたのではないかと思うほどハマっていたロイドだが、当の本人は第1作の脚本に興味が持てず、ゴミ箱に捨ててしまったと意外な告白をしている。

米トーク番組『TODAY』に出演したロイドが、最初に脚本を読んだ後にゴミ箱に投げ捨て、もう少しのところでドク役をパスするところだったと明かしている。

「脚本を読んで興味を持てなかったんです。脚本をゴミ箱に入れました。捨ててしまったんです。それから脚本を取り出して眺め、それでもドク役に確信が持てなかったのですが、(監督の)ロバート・ゼメキスに会って決めました、」

なぜ、あんなに面白い映画の脚本をゴミ箱に捨ててしまったのだろうかと思う人がいてもおかしくないが、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は何度も脚本が書き換えられ、設定などが大きく変更されたことで知られている。映画シリーズでドクはデロリアンという車をタイムマシンに改造したが、最初は冷蔵庫だったのだそう。よって、ロイドがゴミ箱に捨てた脚本は、改稿前のバージョンだったと考えられる。実際にゼメキス監督と会ってコンセプトなどについて話し合ったことで、ロイドは出演に対する気持ちが変わったようだ。

ロイドといえば、2021年9月上旬に人気アニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)の実写版プロモーション映像で、リック役を演じたことが大きな話題に。その2ヶ月後となる11月にロイドは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と「リック・アンド・モーティ」をクロスオーバーさせるアイデアをシェアしていた。その発言から、今も変わらぬ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』への愛を感じるが、ぜひとも両シリーズの世界が交差するプロジェクトの実現を期待したい。

あわせて読みたい

Source:TODAY

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly