Menu
(0)

Search

スティーブン・スピルバーグ監督、『ブリット』スティーブ・マックイーン演じた主人公の映画を企画中 ─ リメイクではなくオリジナルストーリーに

スティーヴン・スピルバーグ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36150879236/

スティーブン・スピルバーグ監督が、『ブリット』(1968)のメインキャラクターであるフランク・ブリット警部補を主人公とした映画企画を進めていることが明らかになった。スタジオはワーナー・ブラザース。Deadlineが報じている。

『ブリット』はスティーブ・マックィーンが主演を務めた映画。カーチェイスシーンが見どころの同作では、マックィーンふんするブリット警部補がある事件の証言者の護衛を命じられる。マフィア組員のひとりだったその男は、何者かに射殺されてしまう。ブリット警部補は事件の真実を求めて捜査にあたっていく。

本企画は、このブリット警部補を主人公とした映画で、報道によるとリメイクではなくオリジナルストーリーになるとのこと。スティーブン・スピルバーグは監督のほか、『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015)『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021)などのクリスティ・マコスコ・クリーガーと共に製作を兼任。製作総指揮には、スティーブの息子と孫娘、チャド・マックイーン&モリー・マックイーンが名を連ねている。

現時点で脚本は存在しないが、ジョシュ・シンガーが執筆予定と伝えられている。『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)をはじめ、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2018)などで知られる脚本家だ。

ちなみにスティーブン・スピルバーグは次回作として、『The Fabelmans(原題)』が待機中。スピルバーグの自伝的映画で、アリゾナ州を舞台に、自らの幼少時代を基にした物語が描かれる。ポストプロダクション(撮影後作業)の最中で、2022年11月23日に米国公開予定だ。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly