Menu
(0)

Search

『バットマン vs スーパーマン』ジョーカーに殺害されたロビン、ディック・グレイソンだった ― ザック・スナイダー監督が認める

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
© 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

映画バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016)には、バットケーヴに保管されたロビンのスーツが登場する。「ハッハッハ、ジョークのお返しだよ、バットマン(Ha Ha Ha. Joke’s on you, Batman.)」とスプレーで書かれたスーツからは、“狂気の犯罪王子”ジョーカーによってバットマンの相棒が殺されたことがうかがえるのだ。また『スーサイド・スクワッド』(2016)のデヴィッド・エアー監督は、ジョーカーがロビンを殺害したことを認めている。

しかし、このロビンのスーツはある疑問を生んだ。殺害されたロビンは、コミックにおける“初代”のディック・グレイソンなのか、それとも“2代目”ジェイソン・トッドなのかというものだ。公開から2年以上が経過して、ザック・スナイダー監督がついにその答えを明かした。

殺害されたのはディック・グレイソン

これまで、『バットマン vs スーパーマン』において死が示唆されているロビンは“2代目”ジェイソン・トッドだという説が有力だった。コミックでジェイソンはジョーカーに殺害されているほか、2016年5月にワーナー・ブラザースが公開した映像では「ジェイソン・トッド/ロビンのスーツです」と明言されたのだ(映像はすぐに削除され、現在は見られなくなっている)。こうした経緯から、『バットマン vs スーパーマン』ひいてはDC映画ユニバースでジョーカーに殺害されたのはジェイソンであるとの見方は強まっていた。

しかし2018年4月、ザック・スナイダー監督はこうした流れに自ら疑問を呈した。SNS「Vero」にて「『バットマン vs スーパーマン』にジェイソン・トッドのストーリーを入れる計画はあったのか」という質問を受けたザック監督は、「なぜあれ(スーツ)がジェイソン・トッドのものだと思うの?」という返答をよこしたのである。

さらに7月30日(米国時間)、『スーサイド・スクワッド』(2016)の削除シーンから「ジョーカーは僕から大切なものを奪った…」というバットマンのセリフを引用して「ジェイソンのこと?」と記したユーザーに対して、ザック監督は「リチャード」とコメントしている。

「リチャード」とはディック・グレイソンの本名、リチャード・ジョン・グレイソンのこと。すなわちザック監督によれば、DC映画ユニバースでジョーカーに殺害されているのは“初代ロビン”のディック・グレイソンだというわけだ。もちろん多くのファンにとって、これは想定外の事実であろう。上の画像ではファンたちの阿鼻叫喚もあわせて確かめることができる。

ところがこうして真相が解明された一方で、ザック監督による設定はもはや効力をもたない可能性も高い。なぜならワーナー・ブラザース&DCコミックスは、ディック・グレイソンを主人公とする単独映画『ナイトウィング(邦題未定、原題:Nightwing)』の企画を進行しているからだ。またザック監督は『ジャスティス・リーグ』(2017)を途中降板したのち、『アクアマン(邦題未定、原題:Aquaman)』(2018)や『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』(2019)にプロデューサーとして携わっているものの、いまやDC映画全体の方向性や創作面には大きな権力を有していないとみられる。『バットマン vs スーパーマン』の劇中に「殺されたロビンはディック・グレイソン」だと断定できる要素がない以上、ザック監督の設定は撤回されても不思議ではない

ちなみにザック監督は、『ジャスティス・リーグ』以降のDC映画ユニバースについても展開の構想を練っていたようだ。同じくVeroでの投稿によると、監督はディックを甦らせるのではなく、コミック『ダークナイト・リターンズ』(邦訳版:小学館集英社プロダクション刊『DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト』収録)でロビンの役割を務める少女キャリー・ケリーを新たに登場させる計画だったという……。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ブルーレイ&DVDは発売中

Sources: ComicBook Debate(1, 2), ComicBook.com(1, 2, 3), Batman News
© 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly