『スター・ウォーズ』C-3PO役俳優、ジャー・ジャー・ビンクスは「私の趣味じゃない」

映画『スター・ウォーズ』シリーズの“プリクエル3部作”は、1999年『エピソード1/ファントム・メナス』(1999)から始まった。この作品からスクリーンに登場し、シリーズのファンから多くの不興を買ったのがジャー・ジャー・ビンクスだ。不評の一方でときに熱狂的なファンを持つこのキャラクターを、シリーズの大御所俳優はどう捉えているのか……。

先日カナダにて開催されたコンベンション・イベント「ファン・エキスポ2017」に、人気アンドロイドC-3POを演じているアンソニー・ダニエルズが登場。そこでジャー・ジャー・ファンからの質問を受けたアンソニーは、非常に丁寧に答えつつも「私には趣味じゃない」と答えたのだった。

C-3POはジャー・ジャー・ビンクスをどう見たか

『ファントム・メナス』での初登場以降、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』をはじめとしたアニメーションやゲームでもジャー・ジャー・ビンクスの声優を務めているのは、パフォーマンス・グループ「ストンプ」の元メンバーであるアーメド・ベストだ。ジャー・ジャーのことはさておき、アンソニーはアーメドの実力をとても高く評価しているようである。

「ジョージ・ルーカスはジャー・ジャー・ビンクスを生み出し、アーメド・ベストという俳優を雇ったんだ。すばらしい俳優だよ、すごく動けるし、とても独創的な発想をする。高い知性の持ち主なんだ。」

そんなアーメドがジャー・ジャー役にキャスティングされたきっかけは、ジョージ・ルーカスの息子であるジェット(当時10歳)が、舞台上でのアーメドのパフォーマンスに感動したことだったという。しかしそうした能力と、演じたジャー・ジャーに対する評価は悲しくも一致しなかったようで……。

ジャー・ジャーは私の趣味じゃない。イウォークみたいなものだよ。私にもそんな時代はあったけど、10歳、11歳、8歳の子はジャー・ジャーが大好きになる。すごく良いことだったと思うよ。だからアーメド・ベストのことをすごく尊敬するんだ。彼はあの役でとても悪い評判を受けてしまったし、ジャー・ジャーは私の趣味ではないけどね。」

『ファントム・メナス』で厳しく批判されたジャー・ジャーは、のちに製作された『エピソード2/クローンの攻撃』(2002)や『エピソード3/シスの復讐』(2005)では出番が大きく減らされることとなった。ちなみに一部のジャー・ジャー・ファンは、「C-3POも『帝国の逆襲』では相当イライラする役回り」であるとして「なぜオリジナル3部作のファンはジャー・ジャーほどC-3POを嫌わないの?」とコメントしている……。

Sources: http://www.space.ca/fan-expo-2017-c-3po-anthony-daniels-star-wars/
http://screenrant.com/star-wars-anthony-daniels-jar-jar-binks/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • ひぃ 2017年9月6日 at 7:35 AM

    3POのあのウザさは人間を理解できないドロイドのそれであって
    ジャージャーのウザさはまた違うんですよね
    言葉は悪いですが、
    周りに迷惑ばかりかける馬鹿に対する嫌悪感みたいな…(^_^;)

    Reply