Menu
(0)

Search

米カリフォルニア州の山火事で「ウエストワールド」のセットが焼失 ─ レディ・ガガ、ギレルモ・デル・トロらも避難

米カリフォルニア州で発生した大規模な山火事が、ハリウッド業界にも被害を及ぼしている。大ヒットHBOドラマ「ウエストワールド」(2016-)のセットも焼失した。米Deadlineが報じている。

カリフォルニアは乾燥した気候で知られており、山火事が発生しやすい。このたびの大規模火災は現地時間の2018年11月8日から複数の場所で発生。朝日新聞の報道によれば、2018年11月10日現時点で少なくとも25万人が避難を余儀無くされており、9人の死亡も確認されている。

パラマウント・ランチ焼失

この山火事でドラマ「ウエストワールド」は、大通りシーンで使用されてきた”パラマウント・ランチ”と呼ばれる土地を焼失した。カリフォルニア州アゴウラヒルズに位置するこの場所は、1927年に米パラマウント・ピクチャーズが貸出しを始めて以降、数々の映画やテレビドラマのロケ地となってきた。「ウエストワールド」のほか、撮影地として使用された作品は、映画『Caught in the Draft(原題)』(1941)、『イルマーレ』(2006)、ドラマ「メンタリスト」(2008-2015)、「Weeds〜ママの秘密」(2005-2012)など。

このたびの報道を受け、HBOはコメントを発表した。

「主要ロケ地であるカリフォルニア州サンタ・クラリタのメロディ・ランチに加え、”パラマウント・ランチ”は『ウエストワールド』シーズン1と2のロケ地の一つとして使用されてきました。『ウエストワールド』は現在撮影をしておらず、この地域からの避難は完了しているため、現時点でどれほどの損害が建物に生じているか分かりません。一番重要なことですが、この恐ろしい火事によって被害に遭われている方々のことを思っております。」

また、「ウエストワールド」で主人公ドロレスを演じるエヴァン・レイチェル・ウッドは「ゾッとする。歴史が失われてしまい、とても悲しい。教会がまだ立っているに驚いている。#非現実的」とTwitterに投稿している。

ハリウッド・スターへの影響も

今回の山火事で被害を受けているのは、映画のセットだけではない。火の手が多くのハリウッド・スターが住むマリブやカラバサス、サウザンドオークスに迫っているのである。

Varietyによると、米歌手で『アリー/スター誕生』で主演を務めたレディー・ガガは既に自宅から避難。ガガはTwitterで被害に遭った方々へ祈りを捧げると共に、レスキュー隊への感謝の気持ちを表明している。

「この忌まわしい火事によって今日苦しんでいる全ての人々のことを深く思うと共に、愛する人や家を失った方々に対する悲しみで包まれています。私も多くの皆さんと一緒で、自宅が炎をあげて燃えるかもしれないと考えながら座っている状況です。我々にできるのは、共に相手のために祈りを捧げること。神のご加護がありますように。」

「私たちのために、最善以上を尽くして下さっている消防士、警察、そして第一応答者と緊急要員の方々に対する感謝の気持ちで一杯です。あなたたちは真のヒーローです。」

『パシフィック・リム』(2013)や『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)で知られるギレルモ・デル・トロも避難済み。デル・トロは「昨日、避難しました。ブリーク・ハウス(コレクションが詰まった邸宅)とコレクションは失われるかもしれませんが、命という宝物は守れます。サウザンドオークスとアゴウラはまだ危険です。マリブーは避難指示が出ています」とコメントした。

また、『ドクター・ストレンジ』(2016)のスコット・デリクソン監督は「我々は家を失ってしまいました。ですが全員無事で、それが一番大事なことです。しばらくオフラインになります」と投稿し、自宅が全焼してしまったことを明かしている。

他にも、「ザ・オフィス」(2005-2013)のレイン・ウィルソン、リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」(2007-)で知られるキム・カーダシアンなどが避難。一刻も早い鎮火を願いたい。

Source: Deadline, Forbes, BBC, Variety (1, 2)

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly