Menu
(0)

Search

カルロス・ゴーン元会長の栄枯盛衰を描くドラマ化企画が進行中 ─『最強のふたり』俳優が主演へ

フランソワ・クリュゼ&カルロス・ゴーン
Photo by Adam Tinworth https://www.flickr.com/photos/adders/5243773268/ | Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Fran%C3%A7ois_Cluzet_2010.jpg | Remixed by THE RIVER

かつて世界の自動車業界で最も強力な権力を持ち、現在は国際的な逃亡者となっているカルロス・ゴーン。前代未聞の逃亡劇を繰り広げているゴーンにフォーカスしたミニシリーズ「Carlos Ghosn, The Fugitive(原題)」が、フランスの製作会社「Federation Entertainment」にて現在企画中であることがわかった。米Varietyが報じている。

ゴーンは、日産自動車の元社長・最高経営責任者であり、2018年11月に金融商品取引法違反の容疑で逮捕。2019年12月には、音響機器運搬用の黒い箱に隠れて、レバノンに亡命している。「Carlos Ghosn, The Fugitive」では、そんなゴーンの栄枯盛衰が描かれるのだという。ゴーン役を演じるのは、『最強のふたり』(2011)富豪のフィリップ役などのフランソワ・クリュゼだ。

全6話構成となる本作にて監督を務めるのは、フレデリック・ジャルダン。『スリープレス・ナイト』(2011)などで知られる人物だ。クリエイターは、『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』(2012)などの脚本家として知られる、ステファヌ・オズモンが務める。

なおジャルダン監督によると、「Carlos Ghosn, The Fugitive」は伝記作品ではなく、ゴーンを更生させることも貶すことも目的としていないとのことだ。あくまでも「本格的なファイナンシャル・ポリティカル・スリラーだという。

Source:Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly