ミュージカル『キャッツ』映画化、ついに本格始動! テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケランら出演

ブロードウェイ史上に残るロングランで知られ、日本でも多くの観客に愛される、名作ミュージカル『キャッツ』が、映画『レ・ミゼラブル』(2012)のトム・フーパー監督によって映画化される。2016年に第一報が届けられた本企画が、ついに本格始動するようだ。

T・S・エリオットの詩集『キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(ちくま文庫刊)を原作とする『キャッツ』は、都会のゴミ溜めを舞台に、猫たちが活躍する“人間の出てこない”ミュージカル。必然的に実写映画化のハードルは高くなりそうだが、今回判明したのはいずれも強力なメンバーである。

The Hollywood Reporter誌が報じたところによると、作品のテーマ曲「メモリー」を歌うことになるグリザベラ役に起用されたのは『ドリームガールズ』(2006)のジェニファー・ハドソン。猫たち“ジェリクルキャッツ”の長老オールド・デュトロノミー役には、『ロード・オブ・ザ・リング』『X-MEN』シリーズで知られ、舞台俳優として抜群のキャリアを誇るイアン・マッケラン
さらに幅広い層に愛される歌姫テイラー・スウィフトの出演も判明しており、セクシーな赤い猫ボンバルリーナを演じるとみられている。役どころは不明だが、『ピーターラビット』(2018)でピーターラビットの声を務めたジェームズ・コーデンも登場する。

映画版が“人間が猫をそのまま演じる”という舞台の演出を踏襲したものになるのか、それともモーション・キャプチャーを駆使した、まさに猫たちのミュージカル映画になるのかは不明。しかし『レ・ミゼラブル』を見事に映画化し、『英国王のスピーチ』(2010)や『リリーのすべて』(2015)で確たるドラマ演出を見せつけたトム・フーパー監督である、いずれにせよ心配は無用だろう。
なおアンドリュー・ロイド=ウェバーによる台本をもとに脚本を手がけるのは、『リトル・ダンサー』(2000)や『戦火の馬』(2011)のリー・ホール。もはや死角なしの布陣だ……。

映画『キャッツ(邦題未定、原題:Cats)』は2018年内にイギリスにて撮影開始。その他のキャストも気になる!

Source: THR
Eyecatch Image: Photo by Effie

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。