Menu
(0)

Search

『カオス・ウォーキング』11月公開決定 ─ トム・ホランド&デイジー・リドリー共演の新感覚SFエンターテイメント

カオス・ウォーキング
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

トム・ホランドデイジー・リドリーマッツ・ミケルセン共演の新感覚SFエンターテイメント『Chaos Walking』が邦題を『カオス・ウォーキング』として、2021年11月12日(金)より公開されることが決定した。

西暦2257年、ニュー・ワールド。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた“新天地”のはずだった。 だが、男たちは頭の中の考えや心の中の想いを、“ノイズ”としてさらけ出すようになり、女は死に絶えてしまう。 この星で生まれ、最も若い青年であるトッド(トム・ホランド)は、一度も女性を見たことがない。ある時、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラ(デイジー・リドリー)と出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティス(マッツ・ミケルセン)から、彼女を守ると決意するトッド。二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく……。

本作は、ガーディアン賞やカーネギー賞など、数々の名だたる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説を映画化したもの。監督は『ボーン』シリーズや『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)などで知られる大ヒットメーカーのダグ・リーマン。『スパイダーマン』シリーズでピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じる世界の人気者トム・ホランドが主演を務める。

共演には『スター・ウォーズ』続3部作でスターダムを駆け上がったデイジー・リドリーと、21世紀を代表する名優マッツ・ミケルセン、ジョナス・ブラザーズのニック・ジョナス、『ハリエット』(2019)シンシア・エリヴォ、『ヘイトフル・エイト』(2015)デミアン・ビチルらが名を連ねている。

カオス・ウォーキング
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

到着した写真には、トッド(トム・ホランド)とヴァイオラ(デイジー・リドリー)が正面を見据える姿が捉えられ、トッドからは“ノイズが放出されている様子も。2人はどう出会い、どう交差していくのか。中央に惑星がいくつか浮かんでいるが、宇宙を舞台に繰り広げられる壮大な物語を期待させる仕上がりとなっている。

映画『カオス・ウォーキング』は、2021年11月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly