Menu
(0)

Search

『チャイルド・プレイ』殺人人形チャッキー、「赤目モード」完全覚醒 ─ Web限定30秒予告映像が到着

チャイルド・プレイ
© 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

1988年製作の同名人気ホラー映画を基に、最先端のAI技術を搭載した殺人人形チャッキーの恐怖を描いた『チャイルド・プレイ』が2019年7月19日(金)に公開される。このたび、現代版として完全なるアップデートを遂げたチャッキーが、恐怖の“赤目モード”に豹変する瞬間をとらえたWeb限定映像が到着した。


青いオーバーオールにカラフルなボーダーのTシャツ。1988年の初登場以来、チャッキーはホラー映画界のアイコン的存在として人気を博してきた。現代を舞台とする『チャイルド・プレイ』では、長い時間をかけて絆を深めた主人公アンディへの一途な友情が次第に歪んでいく。

今回のWeb限定映像では、ついに「赤目モード」に覚醒したチャッキーがすさまじい形相で包丁を振り下ろそうとする姿を確かめることができる。かつてない惨劇を予感させるが、今回の映像では、アンディと友人たちが武器を手に立ち向かおうとする姿も映し出されている。暴走を続けるチャッキーを止める方法はあるのか…?

チャイルド・プレイ
© 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

従来のクラシックホラーとしての魅力を継承しつつ、最先端のAIを搭載して現代に甦った殺人人形チャッキー。本作をプロデュースしたのは、ホラー映画史上No.1ヒットとなった『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の製作を務めたセス・グレアム・スミスだ。長年にわたり愛され続けるチャッキーについて、セスは「(オリジナル版を観た時)とてもキュートなものが、あんなに不敬に話し、あんなにひどいことをするのが大好きだったのを覚えています」と語った。「高さ60センチくらいでキュートに見えるはずが、とても恐ろしく邪悪なことをする。それがどことなくおかしくて、気味が悪いんですよね」

チャッキーを手に入れる少年アンディを演じるのは、『アナベル 死霊館の人形』(2014)『ライト/オフ』(2016)の子役ガブリエル・ベイトマン。アンディの母親役にはドラマ「レギオン」(2017-)の女優オーブリー・プラザ、そしてチャッキーの声優には『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが起用された。監督は『ポラロイド』の新鋭ラース・クレヴバーグ、プロデューサーは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)を手がけたセス・グラハム=スミス&デヴィッド・カッツェン・バーグが務めた。

映画『チャイルド・プレイ』は2019年7月19日(金)全国公開

『チャイルド・プレイ』公式サイト:https://childsplay.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly