Menu
(0)

Search

ホアキン・フェニックス主演『C’mon C’mon』米予告編 ─ A24製作、『20センチュリー・ウーマン』監督最新作

Photo by:Tobin Yelland

ホアキン・フェニックス主演、A24最新作『C’mon C’mon(原題)』より米国版予告編が公開された。『ジョーカー』(2018)にてアカデミー主演男優賞受賞後初となる新作映画だ。

『人生はビギナーズ』(2010)『20センチュリー・ウーマン』(2016)のマイク・ミルズ監督が手掛けた本作の主人公は、ドキュメンタリーの新企画で、全米の子供たちに世界情勢について取材する映画監督、ジョニー(ホアキン・フェニックス)。8歳の甥と一緒に過ごすことになったジョニーは、彼とともにロサンゼルス、ニューヨーク、ニューオーリンズを旅することになる。

公開された予告編では、麗しき白黒映像の中、ジョニーが甥のために読み上げる児童文学書の言葉と繋がる形で、ふたりが一緒に過ごした日々が紐解かれていく。そしてジョニーが、「絶対に泣いてるよね?」という甥の言葉に思わず笑ってしまう印象的な声で締めくくられている。マイク・ミルズ監督の新たな感動作の誕生を予感させる仕上がりだ。

出演者にはホアキン・フェニックスのほか、甥役のウッディ・ノーマン、『フィールド・オブ・ドリームス』(1989)「トランスペアレント」(2014-2019)などのギャビー・ホフマンが名を連ねている。予告編を観ただけでも思わず息を呑むほどの美しい映像を捉えたのは、ロビー・ライアン。ケン・ローチによる『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016)や、ヨルゴス・ランティモスによる『女王陛下のお気に入り』(2018)、ノア・バームバックによる『マリッジ・ストーリー』(2019)など数々の傑作を担当してきた撮影監督だ。

C’mon C’mon
A24
C’mon C’mon
A24
C’mon C’mon
A24

映画『C’mon C’mon(原題)』は、2021年11月に米国公開予定。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly