Menu
(0)

Search

『クリード2』2019年1月11日公開決定、映像到着!『ロッキー4/炎の友情』ドラゴの息子が登場

クリード2
©2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

シルベスター・スタローン主演、『ロッキー』シリーズの最新作として2015年に公開された映画『クリード チャンプを継ぐ男』がついに帰ってくる。続編映画『クリード2』が2019年1月11日(金)に日本公開されることが決定した。思わず胸が熱くなる、ファン待望の特報映像が到着している。

映画『クリード チャンプを継ぐ男』は、主人公アドニス・クリードと師匠であるロッキー・バルボアの世代を超えた友情、リアルでダイナミックなファイトシーン、ひたむきに夢を追い求める姿が共感を呼び大ヒット。のちに『ブラックパンサー』(2018)で全世界を熱狂させたライアン・クーグラー監督による同作は観客や批評家から「シリーズ最高」との大絶賛を受け、シルベスター・スタローンはゴールデン・グローブ賞の助演男優賞に輝いた。

それから約3年を経て登場する『クリード2』では、アドニスとロッキーの前に新たな宿敵が立ちはだかる。挑戦状を突きつけるのは、映画『ロッキー4/炎の友情』(1985)でアドニスの父であるアポロ・クリードの命を奪った、イワン・ドラゴの息子ヴィクトルだ。当時、ドラゴとのエキシビジョンマッチに挑んだアポロは猛烈なパンチを浴び、ついに帰らぬ人となってしまったのである。

このたび公開された『クリード2』の予告編は、カウンターパンチを受けたアドニスがリングに倒れ込む衝撃的なシーンで幕をあける。病室のベッドに横たわるアドニスを、「あなたが勝ったのよ、分かる?」と妻となったビアンカが見守っていた。「俺は過去の人間だが、お前には未来がある」。エイドリアンの墓前でロッキーがアドニスへの想いを語るなか、アドニスと妻は、新しい家族の誕生に歓喜するのだった。

本映像のハイライトは、アドニスとロッキーの前に現れる最強の挑戦者だ。今回の試合に脅威を感じるロッキーは、「お前と違って“あの男”は捨て身で来る」と警告するが、アドニスは「やると決めた」と一歩も引かない。しかしロッキーは、「そう言ったお前の親父は俺の腕の中で死んだ。あの男は危険すぎる」と警告して……。
偉大なるチャンプ、アポロのDNAを受け継ぐアドニスは、大きなプレッシャーを跳ね飛ばすべく厳しいトレーニングに励む。しかし、ビアンカが優しく励ます一方で、養母のメアリー・アンは「父さんの雪辱を果たしたい」という息子の決意に対して「自分が勝ちたいだけ」だと厳しく言い放った。家族たちの想いが重なる中、アドニスの前に“ドラゴ”の名を背負う最強の挑戦者ヴィクトルが現れる。偉大な父アポロを超えるため、愛する家族のため、アドニスとロッキーの新たな戦いのゴングが鳴り響く。

なお今回の特報映像に使用されている音楽は、人気ヒップホップ・アーティスト、ケンドリック・ラマーの「DNA.」。作品のテーマを象徴するような選曲は、切れ味鋭い映像とあいまって早くも観る者を奮い立たせてくれる。

主人公アドニスを演じるのは、前作に続き、『ブラックパンサー』での演技も高く評価されたマイケル・B・ジョーダン。またロッキー役にシルベスター・スタローン、イワン・ドラゴ役にドルフ・ラングレンが復活。ドラゴの息子であり最強の対戦相手、ヴィクトル役にはルーマニア人ボクサーのフローリアン・ムンテアヌが新たに起用されたほか、前作同様、ビアンカ役にはテッサ・トンプソン、養母メアリー役にフェリシア・アシャッドらが続投する。監督は新鋭スティーブン・ケープル・Jr.が務める。

映画『クリード2』は2019年1月11日(金)より全国ロードショー

『クリード2』公式サイト:http://www.creedmovie.jp

映画『クリード チャンプを継ぐ男』 ブルーレイ&DVD好評発売中 好評レンタル中 デジタル配信中
©2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly