Menu
(0)

Search

ダフト・パンク、『サスペリア』ダリオ・アルジェント監督の最新作で音楽を担当

ダフト・パンク
© Picture Alliance/Photoshot 写真:ゼータ イメージ

第56回グラミー賞で主要5部門を制覇したダフト・パンクが、『サスペリア』(1977)などで知られるホラー映画界の巨匠ダリオ・アルジェント監督による犯罪映画『Black Glasses(原題)』音楽を担当することがわかった。伊La Repubblicaのインタビューにて、アルジェント監督が明かしている。

アルジェント監督の娘で女優のアーシア・アルジェントが主演を務める『Black Glasses』は、真夜中のローマを舞台に、中国人の女性と子どもが逃避行を繰り広げる物語。映画の第2幕について、アルジェント監督は「逃亡の末、ラツィオ州にある、岩だらけの、茂みの多い田舎町に辿り着きます」と説明した。「美しいトスカーナの谷とは異なりますが、それでも私にとっては美しい場所です」。

本作でダフト・パンクとタッグを組むことになった経緯について、アルジェント監督は以下のように話している。

「彼らは私のファンで、これまでに手掛けた映画を全て知っているんです。彼らはフランスの友人たちから、私が新しい映画の作業をしていることを聞きつけたみたいで、直々に連絡して来たんですよ。“一緒に仕事がしたいです”と。」

アルジェント監督の脚本を非常に気に入っているというダフト・パンクは、すでに音楽製作に着手しているとのこと。近い将来にデモ音源をアルジェント監督に送るとしており、新型コロナウイルスが収束しだい、イタリアに居る監督のもとを訪れることになっているようだ。なお、本作は2020年5月から撮影が予定されていたものの、新型コロナウイルスの影響を受けて延期となった。現在、監督は9月の撮影開始を希望しているという。

Sources: La Repubblica, The Film Stage

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly