クリス・プラットにJJ監督、『シング・ストリート』女優も?『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』ネタバレハンター、デイジー・リドリーを狙う

人は、『スター・ウォーズ』に出演したが最後、世界中のファンやメディア関係者から「次のスター・ウォーズでは…」と、ネタバレの”ポロリ”を狙われて延々と質問攻めに遭う宿命にある。

フォースの覚醒』から、メインキャラクターのレイを演じているデイジー・リドリーも、もちろんその渦中にある。彼女の口からネタバレが漏れるのを狙ってあれこれ訊いてみたくなる衝動は、一流の役者たちも同様だ。…前作・次作の監督もその例に漏れない。

『アナと雪の女王』オラフ役声優ほか、最新作『美女と野獣』ル・フウ役も務める俳優のジョシュ・ギャッドは、デイジー・リドリーに『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』について質問する様子を公開。「お願いだから私に何も聞かないで…」とうんざり気味のデイジーを、「わかった、わかった、もう質問しないから」となだめながら彼女を部屋に通すジョシュ。しかし、そこに待ち構えていたのは、更なるネタバレハンターたちだった…。

デイジーに質問を矢継ぎ早に繰り出すのは、ハリウッドの第一線で活躍する豪華な面々。

「楽曲は何曲くらいあるの?」と最初に質問を切り出したのは、ブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』で米演劇界で最も権威あるトニー賞の主演男優賞にノミネートされたレズリー・オドム・ジュニア。続いて「何でも良いから教えてくれないかな」と尋ねているのは、なんと『スター・ウォーズ / エピソード9』コリン・トレボロウ監督だ。

その隣に座っているのは、ご存知クリス・プラット。「僕はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーだよ」のボケを華麗にスキップして「ミレニアム・ファルコンの床の格子って、ブーツのヒールがひっかからない?」と謎質問をしているのは、クレア役でクリス・プラットと一緒に『ジュラシック・ワールド』への出演で知られるブライス・ダラス・ハワード。クリスは「あぁー、ジュラシック・ワールドは2018年6月公開です」と更にボケる。

続いてスペイン語で何か質問しているのは、ペネロペ・クルスだ。「スノーク」「ファースト・オーダー」という単語が聞き取れるが…。
「私も聞きたいんだけど」両手にグラスを持っているこの美女は、2016年の話題作『シング・ストリート 未来へのうた』ヒロイン、ラフィーナ役を演じたルーシー・ボイントン。「最高指導者スノークって、実際はどれくらいのサイズなの?」

「それなら僕が答えるよ」割って入ったのはさっきからスベり気味のクリス・プラット。「僕、アベンジャーズに入ります」

ドラマ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』のトム・ベイトマンは、「ストーム・トルーパーのアイデンティティが更に明かされたりするのかな?」と尋ねる。そして最後に登場するのは、『フォースの覚醒』でデイジーと仕事を共にしたはずのJ.J.エイブラムス監督だ。

「ルークはエピソード8でついに何か話すのかい?頼む教えてくれ、デイジー」

一通りの寸劇を終え、ついにデイジーが吹き出しそうになる瞬間、といったところでジョシュの動画は終わる。

それにしても、なんという豪華メンバーだろう…。

Source:https://twitter.com/joshgad/status/833704347427028992?ref_src=twsrc%5Etfw

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。