DCコミックスの新ドラマ『POWERLESS』は、ヒーローvsヴィランによる“巻き添え被害”専門の保険会社が舞台!

DCコミックスをもとに、2017年2月からスタートするドラマ『POWERLESS』は、スーパーヒーローとスーパーヴィランの戦いによって発生する“巻き添え被害”を専門とする保険会社「ウェイン・セキュリティ」の奮闘を描くオフィスコメディです。その社名の通り、ウェイン・セキュリティはウェインエンタープライズの子会社にあたります。

主人公は、ウェイン・セキュリティに研究開発委員長として新たに赴任したヴァネッサ・ハジェンズ演じるエミリー・ロッキー。スーパーパワーを持たない人々が、スーパーパワーが蔓延する社会で、自らの能力によって問題解決に取り組む物語になるようです。ありとあらゆる要素を多様性のある切り口で描くことは、アメコミの大きな魅力のひとつです。力を持たない人々が何を考え、どのように生きているのかを描いた物語は、きっと興味深いストーリーになることでしょう。

2016-0510-nbcu-upfront-2016-powerless-show-slide-1114x891-cc

http://www.nbc.com/powerless

『POWERLESS』で描かれる最初の事件は、あのワンダーウーマンによって起きたものになるとのこと。レックス・ルーサーやブルース・ウェインといったおなじみのヒーローやヴィランがどれだけ事件に関わってくるのか、また彼らについて“一般人たち”がどう語るのかに注目したいところですね。

DCコミックスの幅広いアプローチ

たとえば、DCコミックスによる一般人の奮闘を描いた作品には、ジェームズ・ゴードンが主人公のドラマ『ゴッサム』に繋がった、ゴッサム市警が超人ヴィランに戦いを挑む『GOTHAM CENTRAL』があります。同社のコミックは、ヒーローとヴィランの戦いを中心としつつも、シビアかつシリアスなものから明るく陽気なものまで、じつに様々なアプローチがあるのです。

“シリアス”の代表的ヒーローであるバットマン/ブルース・ウェインの養子、ディック・グレイソンが主人公のコミック『グレイソン』は明るい王道スパイアクションでしたし、ゴッサム・シティにある学園が舞台の『ゴッサムアカデミー』は、事情を抱えた少年少女のティーンライフを描いた作品です。宇宙最強最悪のバウンティハンターを主人公とした『LOBO』も人気を集めています。これら3作品は、邦訳コミックのランキングを読者投票で決定する「ガイマン賞2016」すべてトップ10にランクインしており、日本でも読者から高評価を受けていることが伺えます。

『グレイソン』より http://www.dccomics.com/comics/grayson-2014/dc-sneak-peek-grayson-2015

『グレイソン』より http://www.dccomics.com/comics/grayson-2014/dc-sneak-peek-grayson-2015

新ドラマ『POWERLESS』は、DCコミックスのそうした幅広いアプローチの一端を、コミックではなく映像で見せてくれる作品になるでしょう。日本でも何らかの形で視聴できることを祈りたいものです。

参考url: http://www.cbr.com/nbcs-dc-comedy-powerless-now-set-at-wayne-enterprises-company/
Eyecatch Image:?http://www.nbc.com/powerless

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。