Menu
(0)

Search

ワーナーがDCの組織再編 『原作の本質』を理解するマーベルを意識か

先日、米国ワーナーがDCEU(DCエクステンディットユニバース)と呼称される一連のDCヒーローコミック映画のために組織の再編を発表しました。

DCコミックの新ロゴ

DCコミックのロゴマークも一新された

新しくワーナーのDC映画を統括することになったのは、DCコミックスの重役でライターでもあるジェフ・ジョーンズ。鳴り物入りで公開された『バットマンVSスーパーマン』が、それなりにヒットはしたものの期待を下回る結果に終わったことを受けての抜本的な組織改革を断行した模様です。
この人事は、拙稿映画ブラックパンサーに期待できる確かな理由にてご紹介した、マーベル映画の最高責任者ケビン・ファイギの存在を強く意識したものだと思われます。
そもそもマーベルコミックスの熱烈なマニアであったファイギ氏が製作の最上位ポストに存在することによって、特に『アイアンマン』から始まるMCU(マーベルシネマティックユニバース)は、連なる作品群に一貫した『マーベル・アイデンティティ』言い換えれば『原作の本質』の注入に成功してきたと思います。このような、曖昧な概念は非常にとらえどころがなく、しかしながら確固たる原作を持つ作品を作る上では最も大事なものです。映画ごとに配置された監督が、いつも正しくこの『原作の本質』を理解しているとは限らないからです。

監督より上の立場に、監督よりも原作を理解している人間がシリーズ全体を監修するという組織体系で大成功を収めたマーベルスタジオ。きっと、ワーナーもこの組織図の持つメリットを無視できなくなったのでしょう、マーベルコミックス傘下のマーベルスタジオとは事情が異なるものの、DCからジェフ・ジョーンズを引っ張って製作のトップに据えることにしました。このジョーンズさん、インタビューにて今後のDCの世界観は「希望と楽観主義」だと答え、映画で描いていくキャラクターをもっと明るく親しみやすいものにしていく方針のようです。この発言には、個人的には少々違和感があり、「MCUみたいにやる」とは言えないんだろうなと思いましたが、さあ、果たして。

MCUの成功は、組織そのものの仕組みが良かったのか、それともケビン・ファイギさんの、個人能力の高さによるものだったのか。一応体裁はマーベルっぽくすることにしたDCEU、もう撮影が終わったり進んだりしている作品もあるので、新指揮官の意向が反映されるには、少し時間がかかりそうです。

筆者の私見では、ひとえに、ベン・アフレック、好きな俳優監督ですけど、バットマンじゃねえよなあ。バットマンがかっこよくないから人気出なかったんじゃないかなあ、と単純にそう思いますが。

https://theriver.jp/sad-ben-affleck/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

  1. ワーナーがDCの組織再編 『原作の本質』を理解するマーベルを意識か https://t.co/lxrSicZnZD
    “映画ごとに配置された監督が、いつも正しく『原作の本質』を理解しているとは限らない”

  2. DC映画が組織を一新したというニュースに関して、DC映画がケビン・ファイギが統括責任者となったマーベル映画のシステムを無視できなくなった事情を考察しています。筆者はベン・アフレックのバットマンを批判しているけど、僕は同意できない。
    https://t.co/BKyY1vhr4X

  3. 匿名

    この記事書いた人はマーベル信者でバットマンを何もわかってないね

  4. Sisyo (@SunClapota)

    DCが変わる⁉︎
    新しくワーナーのDC映画を統括するのはジェフ・ジョーンズ。『バットマンVSスーパーマン』が、期待を下回る結果に終わったことを受けての抜本的な組織改革を断行した模様。
    一応マーベルのような組織体系に?
    https://t.co/P11MkvPbwo

  5. 【DCが組織再編】監督より上の立場に、監督よりも原作を理解している人間がシリーズ全体を監修するという組織体系で大成功を収めたマーベルスタジオ。ワーナーもこの組織図の持つメリットを無視できなくなったのでしょう。
    https://t.co/lxrSicZnZD

  6. OP3-C

    スーパーマンは少し明るく作るほうがいいと思います。ただベン・アフレックのブルース・ウェイン、バットマンは最高でした。

    筆者にはぜひダークナイト・リターンズを読んでいただきたい。

  7. TZ-77

    筆者です。お叱りのコメント、有難うございます。映画「スーパーマンVSバットマン」は私にとってはイマイチな出来でした。しかし、当然のことながら満足された方も大勢いらっしゃるということを理解しているつもりでしたが、配慮のない書きかたをしてしまい、反省しております。発言の意図を説明させて頂くと、まず、私はベン・アフレック氏本人の俳優としての資質を一切疑っておりませんし、特筆すべきは監督としての能力で、今のところ彼の監督作品は外れなしの傑作ぞろいだと思って、映画人として尊敬しています。さらに、ご指摘の「マーベルファン」ですが、確かに映画はマーベル原作映画の方が今のところ気に入った作品が多いと思っております。が、原作コミックスのこととなると、ご紹介の「ダークナイトリターンズ」を始めとして、邦訳されているものが中心になりますが、現在手に入るほとんどのバットマンのコミックスを所有し読了しております。好きなバットマンコミックスとしては「イヤーワン」「ロングハロウィーン」New52以降だと「陰謀の街」あたりです。つまり何が言いたいかというとバットマンは大好きです。特にコミックスの。で、あるがゆえに、私の中の「バットマン」のイメージが、ベン・アフレックと合わなかったと、それだけの話です。どの点が合わないと感じたか、あくまで完全に私の印象ですが、バットマンを構成する要素で欠けてはならい要素が二つありそれは「狂気」と「キレ者感」だと思っています。前者の「狂気」ですが、ベン・アフレックさん、人の良さが顔や少しふっくらとしている顎ににじみ出ていて、悪を滅ぼしつくすまで自分がぶっ壊れても戦い抜く、という少しおかしくなってしまっている人には見えないと思いました。また、超人揃いのジャスティスリーグにおいて、超能力を持たないバットマンが参謀的役割で存在しているのは、突き詰めれば超頭が良いから、に他なりません。個人的にベン・アフレックのフィルモグラフィーにおいて、彼のベストアクトだと思っている「グッドウィルハンティング」や「ザ・タウン」「ゴーンガール」あたりを観ると、彼の特性は、「少し抜けている人間臭い、心根の優しい人物」が一番ピッタリくると思っています。この「抜けている人間臭さ」が、バットマンの人間離れした「キレ者感」とどうにも結びつかないなと、私は考えます。

    1. OP3-C

      筆者の返信の書き込みがあり嬉しいです。

      映画の感想の好き嫌いはしょうがないです。ただダークナイト・リターンズを読んでおられたのには安心しました。

      私としてはトピックの文章がDCのコミックをあまり読まれてない印象に感じられたので。

      ジャスティス・リーグP1はベンが製作にも回るので世界観を刷新してくれることを願います。

      彼の監督作「アルゴ」はとても楽しめたので。

  8. 匿名

    キレ者かどうかは脚本が悪いし、ダークナイトのクリスチャンだって狂気は無いし・キレ者じゃなかったと思うけど

  9. 匿名

    「今作のベン・アフレック」ではなく過去作品のベン・アフレックで語っている辺り色眼鏡で見ているのでは?と疑問視せざるを得ない

Ranking

Daily

Weekly

Monthly